FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【社会/政治】 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』
君は愛する者のために死ねるか?


    新・ゴーマニズム宣言SPECIAL
     『戦争論』

     小林よしのり

     1998年6月

     幻冬舎

     ★★★★★





大東亜戦争での日本人の言動を中心に、現代人に生き方を問う超大作です。
膨大な資料を引用・参考にしていますが、目的は歴史の講義ではなく日本人への問題提起
偏った情報を鵜呑みにすることの危険性と、“日本人の目覚め”を訴えています。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【一般書】 【歴史/人物】 【社会/政治】 ★★★★★ 小林よしのり
社会/政治 | 08:22:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
【歴史/人物】 『大空のサムライ』
眠くて眠くてどうにもならない。

これではとてもブカまでも帰れない。もちろん俺は海に落ちるだろう。そして死ぬのか。
それなら、どうせ死ぬなら、やはり自爆した方がいい。敵の船団の上へ突っ込んで死んだ方がいい。自爆だ、自爆に決めた。よし、それでは自爆しよう。引き返しだ。

そう決心して、私は百八十度急旋回、ガダルカナルと思われる方向へ機首を向け、そのまましばらく飛んだ。

ところが、はっと気がついてみると、もうぜんぜん眠くない。
自分では意識していなくても、やっぱり生命が惜しいのだ。
心の奥の方に潜んでいる生命を守る本能が、必死になって最後の力を出して闘ってくれるのだ。

どうしたらいいか? 考えたって名案は無い。ただベストを尽くしてやってみるだけだ。
(6章『孤独なる苦闘の果てに』より)



大空のサムライ〈上〉死闘の果てに悔いなし (講談社プラスアルファ文庫) 『大空のサムライ』(上・下)

 坂井三郎著、講談社+α文庫、2001年4月
 (初出は1972年7月、光文社より)
 ★★★★★

  <目次・上巻>
 1.苦しみの日は長くとも
 2.宿願の日来たりて去る
 3.ゼロこそ我が生命なり
 4.死闘の果てに悔いなし
  <目次・下巻>
 5.向かうところ、敵なし
 6.孤独なる苦闘の果てに
 7.迫りくる破局の中で
 8.大空が俺を呼んでいる





本書は、第2次世界大戦時における旧日本軍エースパイロット・坂井三郎氏による手記です。
アメリカ・イギリス・フランスでもベストセラーとなり、世界で100万部以上が売れた、日本の代表文学の1つ。イラク空軍では必携書として指定されています。

連合国からは冷血な戦闘機械と思われていた旧日本軍。
その撃墜王は、何を想い空に臨んでいたのでしょうか。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【歴史/人物】 【小説】 【文学】 坂井三郎 ★★★★★ 【文芸書】
歴史/人物 | 23:55:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
【SF】『機動戦士ガンダム』
アムロは構わずペガサスに向けてガンダムを直進させる。
「ペガサス! G3! ガンダムだ。赤い彗星は我々に協力を求めている。」

シャアは絶叫した。
「ルロイ! ガンダムは気付いてくれたのだぞ!」

ルロイ・ギリアムはサンバイザーを開いてあふれる涙を拭った。
「俺は……とりかえしのつかぬことをしてしまった……」



機動戦士ガンダム〈3〉 (角川文庫)
『機動戦士ガンダム』(Ⅰ~Ⅲ)

 富野由悠季著,角川スニーカー文庫,1987年11月
 ★★★★★














お台場で着々とガンダムが建造中ですね。
なんと1/1実物大のガンダム。こいつぁ見るっきゃないですよ!
さらにファーストガンダムの劇場版3部作も映画館で上映中とか。
僕は来週『めぐりあい宇宙』を観に行こうかと思います。

と、1979年のアニメ放送から30周年を迎えたガンダム。
前回まで連載していた乱世特集はちょっと休憩して、今回はガンダムの原作となる小説をご紹介。
まぁ伝説的なので今さら僕が言うまでも無いとは思うのですが。
でも高校時代に読んで感銘を受けた本なので、紹介したいと思います。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【小説】 【SF】 富野由悠季 ★★★★★ 【文芸書】
SF | 02:09:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
【マンガ】 『へうげもの』(1/2)
数寄か、それが問題だ。



へうげもの―TEA FOR UNIVERSE,TEA FOR LIFE (1服) (モーニングKC (1487))  『へうげもの』

  山田芳弘著,講談社,2005年12月~
  現在『モーニング』にて連載中,単行本①~⑧服

  ★★★★★
















さて、しばらく続いております乱世特集第5弾です。
戦国時代に覇を鳴らした豊臣秀吉について前回ご紹介しましたが、今回は同時代人の目を通し、乱世に育った文化「わび」について紹介したいと思います。
(これまでの乱世特集はこちらから)


本書は、信長や秀吉に使えた戦国時代の大名・古田織部正が主人公。
立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲といった数寄を追い求めていきます。
この本の特徴はですねー、もう一言で言えば
こんな味のあるマンガは滅多に無いです。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【その他】 【マンガ】 【文化/芸術】 【乱世特集】 山田芳裕 ★★★★★
マンガ | 23:59:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
【HowTo】 『女はなぜ突然怒り出すのか』
女はなぜ、突然怒り出したり、泣き出したりするのか?
女はなぜ、みんなして「ヨンさま」にハマるのか?
女はなぜ、ブランドのバッグを欲しがるのか?
女はなぜ、男を困らせるわがままをわざと言うのか?
女はなぜ、恐ろしいほどに男の浮気を嗅ぎつけるのか?



女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)  『女はなぜ突然怒り出すのか?』

  姫野友美著,角川ONEテーマ21、2006年3月
  ★★★★★

  <目次>
  1.どうして女はいつもこうなんだ!
  2.女は悪魔か? それとも天使か?
  3.男と女はやっぱり別の生き物?
  4.お願いだ、これだけはやめてくれ!
  5.女を敵に回すか味方につけるかでは大違い!



女性とちょっとしたトラブルを起こすことは、男なら誰にでもあることのはず。
そんなときはぜひこの本を読んで下さい。多くはそれで解決するはずです。
女性とのコミュニケーションのバイブルとして、これほどの本はないでしょう。


本書では、医学博士・診療内科医の著者が、男女の「差」を教えてくれます。
「差」を知らなければ理由もわからず、次の可能性に踏み出せません。
それでは男女にはどのような「差」があるのでしょうか?


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 姫野友美 ★★★★★
思考法 | 00:02:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
【美術館】『Musée du Louvre』
フランスに旅行してきました。


『ルーブル美術館』 常設展

 公式HP(日本語版)

 Wikipedia

 ★★★★★





言わずと知れた世界最大級の美術館です。
もう何がすごいって、全部ですよ。
こりゃあ世界一だ!


Louvre1エントランス。カッコイイ。


続きを読む >>

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

関連するタグ sing 【イベント】 【美術館・博物館】 【文化/芸術】 ★★★★★
イベント | 19:08:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
【SF】『星を継ぐもの』
宇宙飛行士の若田さんが搭乗するスペースシャトル・ディスカバリー号が打ち上げ延期になったそうです。
安全を最優先に宇宙開発をビシバシ進めてほしいと思います。
yahooニュース



というわけで、今回は宇宙をテーマにしたSFです。




今から少し未来の話。
月面で宇宙服を身につけた男性の遺体が発見される。
しかし、NASAを始めとしてどの国の宇宙局にも該当する行方不明者はいない。
チャーリーと名付けられたその遺体は綿密な科学調査の結果、
まぎれもなく地球の人間であること、現代より100年以上先の高度な科学技術をもつこと、
そして約5万年前に死んだことが明らかとなるのだった。




星を継ぐもの
  『星を継ぐもの』 Inherit the Stars

  ジェイムズ.P.ホーガン
  1977年
  第12回星雲賞海外長編賞受賞

  1980年  創元SF文庫  (訳:池 央耿)

  ★★★★★


  amazon





チャーリーの正体とその来歴を探るハードSFの傑作。
結構有名らしいですが、私は知りませんでした…(笑)

はっきり言ってこのおもしろさは異常。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【小説】 【SF】 【推理/ミステリ】 ★★★★★ 【文芸書】
SF | 22:47:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
【思考法】 『地頭力を鍛える』
頭良くなりてぇ。

と、いつも思います。
大学生は就職活動のシーズンですね。
噂によれば最近の面接では頭の使い方が問われるそうです。
いきなり訊かれるらしいですよ。

「キミ、日本に電柱は何本あるとおもう? 3分で答えて」

そんなの「たくさん」に決まってんだろ!!
とか憤りたくなりますが、そんなアナタにおススメの本が。



地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」 『地頭力を鍛える』
 細谷功著,東洋経済,2007年12月

 ★★★★★

 <目次>
 1.「地頭力」とは何か
 2.「フェルミ推定」とは何か
 3.フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか
 4.フェルミ推定をビジネスにどう応用するか
 5.「結論から考える」仮説思考力
 6.「全体から考える」フレームワーク思考力
 7.「単純に考える」抽象化思考力
 8.地頭力のベース
 9.さらに地頭力を鍛えるために




「一日に日本人が消費する米粒の量」とか「太平洋にいる魚の数」とか、答えのわからない問題について考えるのが「フェルミ推定」
回答方法は千差万別で、その答えを導くプロセスが重視されます。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 細谷功 ★★★★★
思考法 | 17:14:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『コンセンサス標準戦略』
「私はパソコンのCPUを作る部品会社です。もっと売るにはどうたらいいでしょうか」

CPU以外の部分の値段を半額にして、でもあなたの作るCPUの価格はそのまま維持しましょう。
パソコン全体の値段が下がるので、たくさん売れるようになります。他の部分を作っている会社は儲かりませんが、あなただけは儲かります。


「新しい記録装置を考えました。たくさん売るにはどうしたらいいでしょうか」

パソコン、デジカメ、プリンタといったあらゆる装置について、あなたの記録装置以外は使えないようにしましょう。新しい記憶装置を作れるのはあなただけなので、飛ぶように売れるはずです。


そんなことが大真面目で可能になる、標準化戦略。
というわけで、よくわかる標準化シリーズ第2弾!(標準化ってなんだ? という方はこちら



『コンセンサス標準戦略』
新宅純二郎・江藤学編著,日本経済新聞出版社,2008年7月
★★★★★

コンセンサス標準戦略―事業活用のすべてコンセンサス標準戦略―事業活用のすべて
(2008/07)
新宅 純二郎江藤 学

商品詳細を見る

<目次>
1.コンセンサス標準とは
2.コンセンサス標準をめぐる競争戦略
3.コンセンサス標準を活用したビジネスモデル
4.試験・検査方法標準の戦略的活用
5.国際標準化における競争と協調の戦略
6.コンセンサス標準における知的財産の役割
7.コンセンサス形成の組織化
8.コンセンサス標準活用戦略のポイント




今回紹介するのは、標準化を利用した事業戦略の本です。
つーか事業戦略ってこんなに面白いのかよ! と目からウロコだったので五ツ星の評価です。
もちろん標準化の解説もしっかりなされていますので、標準化にそんなに詳しくない方でも楽しめます。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【知的財産】 【標準化】 新宅純二郎 江藤学 ★★★★★
経済産業 | 17:42:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
【マンガ】『おやすみプンプン』
様神様 チンクルホイ」と唱えると神様が来ます。
これは、大船に住んでいる雄一おじさんに教えてもらいました。
ほら、もう来た。


『おやすみプンプン』
浅野いにお著,小学館ヤングサンデーコミックス,2007年8月~
現在、小学館ビックコミックスピリッツで隔週連載中。単行本は4巻まで発刊。
★★★★★

おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)おやすみプンプン 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2007/08/03)
浅野 いにお

商品詳細を見る



「脳が!! オチンコから脳がとび出た!!」

本書は、思春期を迎える少年・プン山プンプンの、山あり谷ありモハメド・アリな青春を描いたマンガです。
とても緻密で、しかしクセのない絵で描かれているので、馴染みやすいマンガだと思います。
注目を浴びている作品なので知っている人は知っているかも。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【その他】 【マンガ】 【神様】 「おやすみプンプン」 浅野いにお ★★★★★
マンガ | 18:02:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ