■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【コラム】4月18日は「発明の日」
4月18日は「発明の日」です。

1885年4月18日、初代特許庁長官である高橋是清により「専売特許条例」が制定され、これが日本の産業発展の礎となりました。
現在、特許出願件数は年間40万件を数え、特許庁のデータベースには7100万件の出願が載せられます。
これらは特許として成立したとき、強力な独占排他権としてビジネスを支えてきました。
(データベースは特許庁のHPから誰でも自由に閲覧できます → 特許電子図書館


さてさてそんな特許のお話ですが、「パテ丸くん」をご存知でしょうか?
パテ丸くんは特許庁のマスコットキャラクターで、特許庁からの封筒や、特許審査官さんの名刺などに登場します。
最近はこのマークに手足がついているようなんですけどね。


パテ丸くん
パテ丸くん


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ Otoya 【コラム】 【Otoya】 【知的財産】
Otoya | 08:46:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】「賢者タイム」についての知財法による保護可能性の検討
者タイム。

男の子が女の子とにゃんにゃんしたり、
男の子がひとりでにょんにょんしたり、
そしてカタルシスを迎えた後の、ふとした時間。

淡白の極み、無欲の悟り――

それを指して「賢者タイム」と言うそうです。
なかなかに言い得て妙なネーミング。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。


この「賢者タイム」という言葉について、どうにかして知的財産で保護できないかと友達と議論したので、その一部を紹介します。
(知的財産ってなんだ? という方はこちらをどうぞ)

続きを読む >>

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

関連するタグ Otoya 【コラム】 【Otoya】 【知的財産】
Otoya | 11:41:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】『Simple Gifts』
オバマ大統領の就任演説の本が売れているようです。
たとえ英語がわからなくても、彼の言葉の勢いやリズムで気持ちが十分に伝わってくるから、また現在の国際情勢からの期待が大きいことも理由の1つなのだそうです。


さて今回は、そんなオバマ氏の大統領就任式で演奏された曲についてです。
まずこちらをご覧ください。



続きを読む >>

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ sing 【コラム】 【文化/芸術】 【音楽】 【神様】 【イベント】 【sing】
Sing | 18:11:36 | トラックバック(0) | コメント(2)
【コラム】標準化戦略ってなんだ?
「標準化」ってご存知ですか?
JISやISO、IEEEなどの名前を聞けば分かるかも。
要するに、技術について規格(標準)を作ることを、標準化と言います。

これが事業戦略に組み込まれると、実におもしろいんです!
僕は今後も標準化戦略をレビューしていきたいと思うので、ここで簡単に解説します。



1.標準化して、何が嬉しいのか

ネジが手造りで作られたころ。
ネジは基本的には、対応する1つのナットにしか使えませんでした。
そこで穴のサイズや螺旋のピッチをみんなで決めたところ、ネジはどのナットにも使えるようになりました。
これが標準化です。

プリンタの用紙もA4、B5とサイズが標準化されているおかげで、どのメーカーの紙を買ったとしても、どのメーカーのプリンタにも使うことができるのです。


みんなが便利になる、技術の標準化。
ここではWindows OSの例をとって、もう少し詳しくその効果を説明します。


Windows OSは、市場戦略を進めた結果、PCユーザの大多数がWindowsを使うようになりました。これを「事実上の標準(デファクトスタンダード)」と言います。(※1)

すると、自然と使えるソフトウェアもWindows向けが多く発売されます。
「みんながWindowsを使うなら、僕もWindowsがいい」
ということで人が人を呼び、Windowsはさらに普及しました。このように、技術が標準になると、加速度的に市場が広がることになります。

そしてさらに、一度Windowsに慣れた人は、なかなか他のOSには移れません。何しろめんどくさいですからね。このように技術が標準になると、市場が固定化されて長続きすることにもなるのです。


以上ように、標準化することでその技術について市場の拡大と維持を図ることが可能です。

なお標準の種類には他に、JISや国際機関で製造者とユーザが集まって造る、「公的標準」があります。そしてさらに、次に説明する「フォーラム標準」がいま隆盛しています。

続きを読む >>

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

関連するタグ Otoya 【コラム】 【知的財産】 【標準化】 【Otoya】
Otoya | 13:00:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】知的財産ってなんだ?
「知的財産」という言葉を聞いた事はありますか?
これは特許商標著作権など、人が考えたものや作ったもので、しかし実在しない「思想・表現」を財産と認めて保護しよう! というものです。

僕はこのサイトでも今後知財について追っていきたいと思います。
そこでここでは簡単に「知財とは何か?」を紹介したいと思います。


1.とにかくお金がかかるんです

今から20年ほど前。
日本企業C社は、オートフォーカスカメラを発明しました。
これは、カメラが自動でピントを合わせてくれると言う、カメラ業界を根底から覆す発明。
この発明は売れに売れ、C社は利益だけで80億円もを得たのでした。

C社は意気揚々としてアメリカに進出します。
しかしアメリカではすでにこの技術について、特許が取られていました(※1)
「特許発明を、発明者の許可無く売ってはいけない」
何も知らなかったC社は、160億円もの賠償金を支払うことになりました(※2)

また、当時アメリカにいた個人発明家レメルソン。
彼はバーコードリーダに関する特許を取って、1年間だけでも1200億円ものライセンス料を手にします。
このときもちろん、日本企業も莫大なお金を支払いました。

このように、特許にはお金がかかるのです。

それ以後日本企業も特許に注目を初め、特許出願に精を出します。
例えば携帯電話には、数千件の特許が含まれています。
その中の1件だけでも侵害すれば、莫大な賠償金を支払わされます。

特許1件あたりにかかる出願料・維持費は約100万円
それでも年間約40万件もの出願がされ、さらに特許は国ごとに取る必要があるので、外国にも出願されます。

いまや特許無しではビジネスができない世の中になっているのです。


※1 アメリカの裁判所は特許侵害の判決をしましたが、その内容は疑問の残る判決でした。
※2 正確には和解でした。和解金だけで160億円支払わされたのです。


続きを読む >>

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

関連するタグ 【コラム】 【知的財産】 【Otoya】
Otoya | 12:40:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】科学の問題、何問解けますか?
問題です
あなたは何問解けますか??

○か×で答えてください。(正解は後ほど)

①地球の中心部は非常に高温である

②すべての放射能は人工的に作られたものである

③我々が呼吸に使う酸素は植物から作られたものである

④男か女になるかを決めるのは父親の遺伝子である

⑤レーザーは音波を集中することで得られる

⑥電子の大きさは原子の大きさよりも小さい

⑦抗生物質はバクテリア同様ウィルスも殺す

⑧大陸は何万年もかけて移動し続けている

⑨現在の人類は原始的動物種から進化したものだ

⑩ごく初期の人類は恐竜と同時代に生きていた

⑪放射能に汚染された牛乳は沸騰させれば安全である



実はこれ、OECD(経済協力開発機構)が実施した「科学リテラシー調査」です。
2001年に、加盟国30ヶ国における18歳以上の成人を対象に実施されました。
その結果は次の通り。()内は正答率です。

続きを読む >>

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ Otoya 【コラム】 【Otoya】
Otoya | 20:58:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】田舎のお正月
あけましておめでとうございます!

僕の実家は陽気に恵まれたお正月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
初詣に初夢に福袋と、縁起物のイベントが多いのもお正月の楽しいところですね。
あっ、あとお年玉…! はもうもらえませんね。ハイ。

僕の田舎では、“初寄合”と言うものがあります。初詣のことなんですけどね。

元日の朝、部落の人たちはこぞって坂を上り、部落を見下ろす小山の麓の、小さな神社に向かいます。
途中で人に会えば挨拶をして、「寒いねー」などと言いながら歩きます。
小さな鳥居をくぐり、短い石段を登ると社があって、鈴を鳴らしてお祈りをします。
神社の脇にはこれまた小さな広場があって、いくつもの丸太が火にくべられて、大きな炎となっています。

集まった部落の人々は、この炎を囲んで暖をとりつつ談笑します。
だいたい30~50人くらいが、炎を囲んで円になります。

持ち寄られたみかん、煮干、するめなどが配られ、それから紙コップと御神酒が回されて、一通り人が集まったところで、みんなでそれを飲みます。
それから長老の挨拶があり、みんなで改めて神社に祈り、新春の詩吟が1条謡われ、あとはまた談笑に戻り、各自解散となるわけです。


僕はこんな感じの地元の初詣が好きなんですが、去年に続き今年も風邪で参加できませんでした。

くそう……。

というわけで2日になってようやく、個人的に御参りに言ってきた次第です。
みなさんも初詣には行かれましたでしょうか? そして何をお祈りしましたか?
しっかり目標を立てて1年に臨みたいですね。

というわけで、2009年もよろしくお願いします。
Otoya



テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

関連するタグ 【コラム】 【Otoya】
Otoya | 21:28:29 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。