■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【社会】 『100年予測』(2/2)
100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図 『100年予測』
 ジョージ=フリードマン著,2009年10月
 ★★★★★

 <目次>
 序.アメリカの時代とは何か
 1.アメリカの時代の幕開け
 2.地震 -アメリカの対テロ戦争
 3.人口、コンピュータ、そして文化戦争
 4.新しい断層戦
 5.2020年の中国 -張り子の虎
 6.2020年のロシア -再戦
 7.アメリカの力と2030年の危機
 8.新世界の勃興
 9.2040年代 -戦争への序曲
 10.戦争準備
 11.世界戦争 -あるシナリオ
 12.2060年代 -黄金の10年間
 13.2080年 -世界の中心を目指す戦い




今後100年を占う1冊。
前回は、本書が地政学的手法と「20年先はわからない」という点を基本として未来予測している点を紹介しました。
今回は本書の中でも特に気になったシナリオ、中国、日本、トルコ、メキシコの未来予想図についてコメントしたいと思います。




続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【未来学】 100年予測 ★★★★★
社会/政治 | 15:03:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
【社会】 『100年予測』(1/2)
100年後の世界情勢はどうなっているのか?

これってどの時代も言われてきたテーマだと思うんですが、僕はこうした未来予測に興味があって、1冊読んでみました。地政学の手法を用いて、まずは1900年からのこの100年の経緯を分析し、2010年以降について10年刻みで予想しています。
中国ロシアの崩壊、日本トルコポーランドの勃興、世界戦争は起きるが大規模なものにはならないというシナリオ、そしてアメリカから唯一覇権を奪えるとしたらメキシコではないかという予想、などなど非常に刺激的な内容でした。

ちなみに本書はクーリエ・ジャポンという雑誌が選んだ「30歳までに読んでおきたい世界の名著100冊」でも紹介されていました。


100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図 『100年予測』
 ジョージ=フリードマン著,2009年10月
 ★★★★★

 <目次>
 序.アメリカの時代とは何か
 1.アメリカの時代の幕開け
 2.地震 -アメリカの対テロ戦争
 3.人口、コンピュータ、そして文化戦争
 4.新しい断層戦
 5.2020年の中国 -張り子の虎
 6.2020年のロシア -再戦
 7.アメリカの力と2030年の危機
 8.新世界の勃興
 9.2040年代 -戦争への序曲
 10.戦争準備
 11.世界戦争 -あるシナリオ
 12.2060年代 -黄金の10年間
 13.2080年 -世界の中心を目指す戦い





続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【未来学】 100年予測 ★★★★★
社会/政治 | 00:22:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】 『クラウド・コンピューティング』
「コンピュータは、世界に5つあれば事足りる」
(サン・マイクロシステムズ最高技術責任者 グレッグ=パパトボラス)



クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先にくるもの (朝日新書)
 『クラウド・
   コンピューティング』

 
 西田宗千佳著,朝日新聞出版,2009年1月
 ★★★★

 <目次>
 1.(サービス化)ソフトがネットへ溶けていく
 2.(ボーダレス化)「iPhone」の革命
 3.(オンライン化)すべてがネット(雲)の向こうに
 4.クラウド・コンピューティングという「現象」
 5.クラウドの課題と未来








もうすっかりお馴染みになってしまった「クラウド」と言う言葉。
インターネットはかつての「検索のためのツール」を超えて、amazonのような「チャネル」となり、mixiなどの「コミュニケーションツール」となって、やがてコンテンツやアプリケーションを雨として降らせる「雲」になりました。

とか言ってみたり。
読んだのもしばらく前だし、驚異的な今さら感。でもせっかくだし感想です。

クラウドってよく聞くけど結局定義付けると何なのか?
本書では、「クラウドとは“現象”である」という仮説をもとに、現状のインターネットとコンピュータのあり方を解説してくれてます。特に新しい知見はなかったけど、「いま何が起こっているのか?」を改めて整理するのに役立つ一冊。


続きを読む >>

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【未来学】 西田宗千佳
経済産業 | 01:54:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
【ビジネス誌】 スマートシティ特集
いま、世界中で大規模な実験が進行中の模様。それが「スマートシティ」
今の町が「普通のケータイ」なら、スマートシティは「スマートフォン」。そのくらいの、革命的な町になると感じましたよ。
プロジェクトは数え方によっては300とも言われるようで、日系ビジネス誌では具体的に20ほどの都市名を挙げてます。地域は主に日本、アメリカ、欧州、そしてアジア。
日経ビジネスでの特集、今後の都市像を占う上でおもしろいと思ったので感想を書きます。


特集『スマートシティ』
日経ビジネス2010年9月6日号(バックナンバーは6月前まで)

<目次>
・都市創造産業の誕生 ~中国から始まる産業革命
・再定義は必然に ~データが示す都市環境の悪化
・型破りが道を拓く ~勝利を導く3つの鉄則
・中国、インドで続々 ~世界のスマートシティ100選
・「東京人」を模範に ~『グリーン革命』の著者が語る




続きを読む >>

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【その他】 【ビジネス誌】 日経ビジネス 【未来学】
ビジネス誌 | 00:20:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
【ビジネス誌】 脳波で色々操れるみたいです
脳波で色々操れるようになったそうです。

いや、電波系の記事じゃないですよ。マジメな話。


5月3日の日経ビジネスで脳波特集がされていたので、簡単に紹介したいと思います。
なお、バックナンバーは6ヶ月まで購読可能との事。と言っても買うほどじゃないとは思いますが。



◎いま脳波で何ができるのか?

①玩具・ゲーム
 →脳波の値に基づいてキャラクターを操作したり
②マーケティング
 →アンケートだけでなく脳波データからも嗜好情報を取得!
③医療・ヘルスケア
 →睡眠障害などの診断用に
④危険予測
 →自動車に脳波計を取り付け、居眠りを検知したら警告
⑤インタフェース
 →脳波でオーディオ機器などを操作
⑥イメージング
 →脳波から直接画像などを描画


以上が紹介されていた内容。
その前に、そもそも脳波って何? という疑問についてはwikipediaで。


エスパー帽子
※サイコキネシスを可能にする22世紀の商品「エスパーぼうし」と今回の記事とは関係ありません


続きを読む >>

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ Otoya 【ビジネス誌】 【科学/技術/専門書】 【未来学】 日経ビジネス
ビジネス誌 | 23:52:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】 『極端な未来(経済・産業・科学編)』(2/2)
技術革新は人に何をもたらすのか?



極端な未来 経済・産業・科学編
 『極端な未来(経済・産業・科学編)
 ジェームズ・キャントン著,
 椿正春訳,主婦の友社,2008年4月

 ★★★

 <目次>
 序.「極端な未来」とフューチャリストの仕事
 1.イノベーション経済
 2.未来の燃料
 3.夢の長寿薬と人間の能力強化
 4.地球温暖化の進行
 5.トンデモ科学





前回から紹介している本書『極端な未来』について、今回は著者の予想する未来技術の側面からレビューしたいと思います。
果たしてガンダムは大地に立つのか??(ドキドキ、ドキドキ)


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【未来学】 ジェームス・キャントン 極端な未来
経済産業 | 12:26:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】 『極端な未来(経済・産業・科学編)』(1/2)
未来。

人間のもっとも興味をかきたてるものの1つです。
H・G・ウェルズは特異に変質しながらも普遍性を失わない未来社会を描き、藤子不二夫は夢とロマンを、手塚治虫は壮大な輪廻を示してくれました。

今回紹介する『極端な未来』は、未来学者である著者が、実際に今後数十年で起こるだろう事象についてレポートしてくれています。
その内容は決して突飛なものではなく、現実に研究が進行し、あるいは危機が発生している事象です。

とはいえ未来の話。
テレビや飛行機がその登場の寸前まで実用を疑われたように、本書にかかれる内容はともすれば信じ難いものもあるでしょう。それでも、著者の示す「極端な」未来を、覗いてみる価値は十分にあると思います。



極端な未来 経済・産業・科学編
 『極端な未来(経済・産業・科学編)
 ジェームズ・キャントン著,
 椿正春訳,主婦の友社,2008年4月

 ★★★

 <目次>
 序.「極端な未来」とフューチャリストの仕事
 1.イノベーション経済
 2.未来の燃料
 3.夢の長寿薬と人間の能力強化
 4.地球温暖化の進行
 5.トンデモ科学




なお、実際に未来に行く方法については『タイムマシンを作ろう!』をご参考下さい。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【未来学】 ジェームス・キャントン 極端な未来
経済産業 | 10:58:38 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。