FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【社会】 『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(1/2)
ここに、従業員10人の、年功序列型の会社があるとする。 

社長 「よし、寄せ鍋を作ろう。詳細を決めてくれたまえ」
役員 「醤油ベースにしよう。具は何がいいか、おすすめのレシピをつくってくれ」
部長 「海産物がいいな。君、適当にスーパー回って買い出してきて」
課長 「じゃあ、タラとカニでいこう。あとは料理しとけよ」


業務は、末端に下りてくる頃には実に単純な作業に成り果てている。
あとは6人の平社員が並んで作業をするだけで、残業でクタクタになるのも、たいていの企業ではこのレベルの人たちだ。
(本書 ”権限は、能力ではなく年齢で決まる” より)



若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
 『若者は
  なぜ3年で辞めるのか?』

 城繁幸著,光文社新書,2006年9月
 ★★★★
 
 <目次>
 はじめに 「閉塞感の正体」を見きわめる
 1.若者はなぜ3年で辞めるのか?
 2.やる気を失った30代社員たち
 3.若者にツケを回す国
 4.年功序列の光と影
 5.日本人はなぜ年功序列を好むのか?
 6.「働く理由」を取り戻す





少し古い統計ですが、2000年において、大卒入社3年以内で会社を辞める人の割合は36.5%にのぼり、実に3人に1人が辞めているという計算になります。
「第二新卒」「転職産業」が当たり前になったのも、新世紀に移る頃になってからのこと。

日本企業が雇用形態について従来型の「年功序列」から「成果主義」を標榜するようになって久しいですが、その実態は何なのか、そして受益者は誰なのかを、著者は本書にて明らかにします。また、そのような社会の矛盾を通して、「働くこと」の意味を考えます。

ということで、前回に続いて就活特集第2弾です。
学生の方はもちろん、社会人の方も必見の1冊。あなたは、今の仕事に満足をしていますか?


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【就活特集】 城繁幸 若者はなぜ3年で辞めるのか?
社会/政治 | 17:30:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
【マンガ】 『ヴァンパイア十字界』
あなたにも、いと高き月の恩寵を――

『ヴァンパイア十字界』
  "THE RECORD OF FALLEN VAMPIRE"   全9巻

 作 城平京
 画 木村有里

 2004~2007年 月刊少年ガンガンで連載

 スクエア・エニックス

 ★★★★★





<プロローグ>
かつて、ヴァンパイアの支配する夜の国があった。そこは、“赤バラ王”ローズレット・ストラウスの下、人間とヴァンパイアが共存して暮らす繁栄と平和の国だった。
あるとき、王妃アーデルハイトが魔力を暴走させ、世界は腐食に飲み込まれかける。王妃は封印され世界の崩壊は防がれたが、ヴァンパイアの一族は他国から迫害されることとなった。このとき赤バラ王は、自らの国と民を捨て、王妃を封印から救い出すための旅に出た。夜の国は崩壊し、同族と人間から追われることになった王の苦難の旅は現在も続いている――



続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【マンガ】 【推理/ミステリ】 【SF】 【ファンタジー】 【文学】 【社会/政治】 ★★★★★ 城平京
マンガ | 22:04:32 | トラックバック(1) | コメント(0)
【歴史/人物】 『沈黙のファイル:「瀬島龍三」とは何だったのか』
歴史とは腑に落ちないものです。
これほどの矛盾を感じる本も珍しいのではないでしょうか。



『沈黙のファイル:
     「瀬島龍三」とは何だったのか』

沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 新潮文庫
 共同通信社社会部編,新潮文庫,1999年
 ★★★

 <目次>
 1.戦後賠償のからくり
 2.参謀本部作戦課
 3.天皇の軍隊
 4.スターリンの虜囚たち
 5.よみがえる参謀たち








カリスマ青年将校として太平洋戦争の作戦立案に携わり、シベリア抑留後、財界にのし上がってバブル景気を謳歌した「瀬島龍三」
ドラマ『不毛地帯』の主人公・壱岐正中佐のモデルとなった人物です。
本書は、当事者や関係者へのインタビューを繰り返し、その姿を追ったものです。

※本書は瀬島龍三氏に批判的な内容です。
  以下の記載も偏った意見となっていることを踏まえてお読み下さい。



続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【歴史/人物】 【社会/政治】 共同通信社社会部
歴史/人物 | 16:07:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
【社会/政治】 『ゲリラの戦争学』
敵正規軍の10倍


これは、一般的に言われるゲリラ戦の想定損害です。
自衛隊の要・不要について言及するつもりはありませんが、不要と唱える人の中には「敵軍が攻めてきたらゲリラ戦で対抗すればいい!」と言う意見もあったそうです。
でも上記の数字を知るとちょっとそれは控えたいところですね。

他国の内戦などではゲリラ戦が多く用いられ、敵軍に抵抗していますが、僕はゲリラ戦についてはほとんど知りません。
ゲリラ戦とはなんぞや? ということで一冊読んでみました。



ゲリラの戦争学 (文春新書) 『ゲリラの戦争学』
 松村劭著,文春新書,2002年
 ★★★★

 <目次>
 1.持久戦の戦略的背景
 2.ゲリラ戦の原型
 3.初期のアメリカ独立戦争
 4.ナポレオンのスペイン戦役
 5.軍靴の通り道=アフガニスタン
 6.両対戦の谷間=スペイン内戦
 7.中国の内戦
 8.瀬戸際戦略と持久戦
 9.冷戦時代の覇権地図
 10.インドシナ三十年戦争
 11.朝鮮半島のゲリラ戦
 12.ソ連のアフガン戦争
 13.アメリカ同時多発テロ事件
 14.教訓と展望





続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 松村劭
社会/政治 | 23:52:55 | トラックバック(1) | コメント(0)
【社会/政治】 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』
君は愛する者のために死ねるか?


    新・ゴーマニズム宣言SPECIAL
     『戦争論』

     小林よしのり

     1998年6月

     幻冬舎

     ★★★★★





大東亜戦争での日本人の言動を中心に、現代人に生き方を問う超大作です。
膨大な資料を引用・参考にしていますが、目的は歴史の講義ではなく日本人への問題提起
偏った情報を鵜呑みにすることの危険性と、“日本人の目覚め”を訴えています。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【一般書】 【歴史/人物】 【社会/政治】 ★★★★★ 小林よしのり
社会/政治 | 08:22:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
【フィクション】『23分間の奇跡』
「教える」ことの意味を考えたこと、ありますか?


新年度スタートから2週間が経ちました。
皆さんまだ緊張が抜けきらない中、新社会人は研修を、学生さんは新しい学年で、
そろそろ軽くイヤになりつつも、それぞれ頑張っていることでしょう。

私は早起きがキツいです。
その割に(そのおかげで?)体調が良いのが、なんかくやしいです。
まぁ、それはそれとして。


23分間の奇跡
  『23分間の奇跡』

   ジェームズ・クラベル
              [訳]青島幸男

   1988年  集英社文庫


   ★★★★


  amazon




あらすじ
戦争に負けた国のある小学校に新しい先生がやってきた。
その先生は、初対面にも関わらず、既に生徒の顔と名前をクラス全員分覚えていた。
今までの先生と違い、生徒の質問に何でも答えてくれた。
その先生が子ども達全員の心を掴んだのは、初対面からわずか23分後であった。





続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【小説】 【フィクション】 【社会/政治】 【教育】 【文芸書】
フィクション | 23:02:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
【社会/政治】『アフリカ・レポート』
ジンバブエという国をご存知でしょうか。
80年代に独立した南アフリカの国で、整備されたインフラと農業基盤から「最も恵まれた独立」と言われました。

それから30年。

ジンバブエは、金正日を抑え世界最悪の独裁者1(※1)に輝くムガベ大統領を擁し、
朝鮮・ウォンやイラク・ディナールなどとともに世界で最も価値の低い通貨に認定されるジンバブエ・ドルは合計25桁のデノミを経て、2008年11月には年率897の、2009年1月には年率6.5×10の108乗ハイパーインフレを達成しました!(※2)

ヤッホゥイ!


デノミネーションと言うのは、インフレしすぎた通貨の桁を削ること。
例えば4桁のデノミならば、価値はそのままで、1万円⇒1円に換算します。
ジンバブエドルは4回に分けて25桁のデノミを行いましたが、これは、

10,000,000,000,000,000,000,000,000(1千秭)Z$ = 1Z$

という計算になりますね。ドラゴンボールもびっくりのハイパーインフレにもう笑いが止まりません。
すでに紙幣を刷るための紙も無く、布のお金が出回ったとか。


そんなアフリカで今何が起きているのか? と言うことで1冊ご紹介。
アフリカの現状をとてもわかりやすく、かつ実情に即してレポートしており、ページをめくるのも楽しい読みやすい一冊でした。



『アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々』
松本仁一著,岩波新書,2008年8月
★★★★

アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)アフリカ・レポート―壊れる国、生きる人々 (岩波新書)
(2008/08)
松本 仁一

商品詳細を見る

<目次>
序.アフリカの今――ルムンバの夢はどこへ行ったか
1.国を壊したのは誰か――ジンバブエで
2.危機に瀕する「安全」と「安心」――南アフリカ共和国で
3.アフリカの中国人――南アで、アンゴラで、スーダンで
4.国から逃げ出す人々――パリで、歌舞伎町で
5.「人々の自立」をめざして――農村で、都市スラムで
6.政府ではなく、人々に目を向ける――ケニアで、ウガンダで、セネガルで


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 松本仁一
社会/政治 | 18:07:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
【社会/政治】『アメリカの宇宙戦略』
今年は「世界天文年2009」なんだそうです。
宇宙と言えば、40年も昔の技術で人間を月へ送り込んだアメリカ。
スペースシャトルの2010年退役や、遅々として進まないISS(国際宇宙ステーション)の建設を見ると、あの時代が夢のように思われます。
その一方で、実は極秘裏に宇宙基地を作っていたり…、なんて空想も膨らみます。
(この辺は『MoonLight Mile』というマンガがかなりのリアリティで描いているので、宇宙に興味がある人は必読)

さて今回は、そんなアメリカの宇宙戦略を探ってみました。
著者は時事通信社ワシントン支局長(現職)。信頼できる内容です。


アメリカの宇宙戦略 (岩波新書)
 『アメリカの宇宙戦略』 
 明石和康,岩波新書,2006年6月

 ★★★★

 <目次>
 1.シャトルの光と影
 2.宇宙への野心
 3.ブッシュの新宇宙戦略
 4.冷戦から対テロ戦争へ
 5.ミサイル防衛
 6.岐路に立つ超大国









続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 明石和康
社会/政治 | 22:57:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ