■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【歴史】 『ベルギー史』
チョコ、ワッフル、ビール、フリッツ、TINTIN

と言えば~?



ベルギー史 (文庫クセジュ) 『ベルギー史』
 ジョルジュ=アンリ・デュモン著,
 村上直久訳,白水社文庫クセジュ,1997年7月
 ★★

 <目次>
 1.大河とコミューン
 2.ブルゴーニュ公の下での地方連邦主義
 3.カール5世の17州とその分裂
 4.人文主義、ルネサンス、バロック芸術
 5.欧州の戦場
 6.国家としてのベルギーの誕生
 7.コンゴの植民地化
 8.1880年の文化的覚醒とその影響
 9.2つの戦前、戦後
 10.フランデレン、ワロン両運動の始まり
 11.連邦主義への歩み
 12.ベルギー型連邦主義の歯車




常に支配され続けた歴史を持つ欧州の十字路・ベルギーは、現在EUの本部を有し、ヨーロッパの首都とも呼ばれます。
前回はベルギービールについて紹介させていただきましたが、今回は本書を元にして、ベルギーがどんな国なのかを紹介したいと思います。
君主制連邦国家という特異な形体をとるベルギーは、今も昔も、決して一筋縄では行かないようです。



続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【歴史/人物】 ジョルジュ=アンリ・デュモン
歴史/人物 | 23:13:01 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。