■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【歴史】 『逆説の日本史・古代黎明編』
A.D.248年9月5日、皆既

その日ひとつの神話が生まれた。




『逆説の日本史・古代黎明編』
井沢元彦著,小学館,1998年1月
★★★★

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
 <目次>
 序.日本の歴史学の三大欠陥
 1.古代日本列島人編
    ―日本はどうして「倭」と呼ばれたのか
 2.大国主命編
    ―「わ」の精神で解く出雲神話の“真実”
 3.卑弥呼編
    ―女王殺害と紀元二四八年の重大事件
 4.神功皇后編
    ―邪馬台国東遷説を裏付ける
      宇佐神宮の礼節作法
 5.天皇陵と朝鮮半島編
    ―日本人のルーツと天皇家の起源





いよいよ明日は皆既日蝕ですね。東京でも75%のものが見れるようです。
なんでも、ピンホール現象で三日月(三日太陽?)の木漏れ日が見れるとか。
僕も有給をいただきまして、どこか公園にでも行こうかと思っています。

ということで今回は乱世特集の番外編です。皆既日蝕にまつわる本を1冊ご紹介。
本書では、推理小説家である著者が、大胆な推理で日本史の一大事件を解き明かします。
(乱世特集はこちらからどうぞ)


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【歴史/人物】 【推理/ミステリ】 【神様】 井沢元彦
歴史/人物 | 01:56:32 | トラックバック(1) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。