■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【歴史/人物】 『大空のサムライ』
眠くて眠くてどうにもならない。

これではとてもブカまでも帰れない。もちろん俺は海に落ちるだろう。そして死ぬのか。
それなら、どうせ死ぬなら、やはり自爆した方がいい。敵の船団の上へ突っ込んで死んだ方がいい。自爆だ、自爆に決めた。よし、それでは自爆しよう。引き返しだ。

そう決心して、私は百八十度急旋回、ガダルカナルと思われる方向へ機首を向け、そのまましばらく飛んだ。

ところが、はっと気がついてみると、もうぜんぜん眠くない。
自分では意識していなくても、やっぱり生命が惜しいのだ。
心の奥の方に潜んでいる生命を守る本能が、必死になって最後の力を出して闘ってくれるのだ。

どうしたらいいか? 考えたって名案は無い。ただベストを尽くしてやってみるだけだ。
(6章『孤独なる苦闘の果てに』より)



大空のサムライ〈上〉死闘の果てに悔いなし (講談社プラスアルファ文庫) 『大空のサムライ』(上・下)

 坂井三郎著、講談社+α文庫、2001年4月
 (初出は1972年7月、光文社より)
 ★★★★★

  <目次・上巻>
 1.苦しみの日は長くとも
 2.宿願の日来たりて去る
 3.ゼロこそ我が生命なり
 4.死闘の果てに悔いなし
  <目次・下巻>
 5.向かうところ、敵なし
 6.孤独なる苦闘の果てに
 7.迫りくる破局の中で
 8.大空が俺を呼んでいる





本書は、第2次世界大戦時における旧日本軍エースパイロット・坂井三郎氏による手記です。
アメリカ・イギリス・フランスでもベストセラーとなり、世界で100万部以上が売れた、日本の代表文学の1つ。イラク空軍では必携書として指定されています。

連合国からは冷血な戦闘機械と思われていた旧日本軍。
その撃墜王は、何を想い空に臨んでいたのでしょうか。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【歴史/人物】 【小説】 【文学】 坂井三郎 ★★★★★ 【文芸書】
歴史/人物 | 23:55:32 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。