■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【社会】 『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(2/2)
「自分たちは、会社に配属された部署で指示されたとおりのことをやってきた。その結果、気がついたら、社内では必要のない技術者になっていた。いったいどう責任を取ってくれるのか」
(本書 ”30歳で捨てられる技術者たち”より)

「日本企業でのキャリアなんてわれわれはまったく評価しない。あれは本質的にはマックのバイトと同じだから。そういう仕事を自分の意思で何十年も続けてきた人間は、同情はしても評価はできない」
(本書 ”サラリーマンとビジネスマンの違い”より)



若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
 『若者は
  なぜ3年で辞めるのか?』

 城繁幸著,光文社新書,2006年9月
 ★★★★
 
 <目次>
 はじめに 「閉塞感の正体」を見きわめる
 1.若者はなぜ3年で辞めるのか?
 2.やる気を失った30代社員たち
 3.若者にツケを回す国
 4.年功序列の光と影
 5.日本人はなぜ年功序列を好むのか?
 6.「働く理由」を取り戻す






就活特集第3弾は、前回に引き続き、本書『若者はなぜ3年で辞めるのか?』のご紹介です。
前回は若者が3年で辞める理由について述べたので、今回は著者が考えるキャリアのあり方についてご紹介したいと思います。

あなたのレールはどこに続いていますか?


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【就活特集】 城繁幸 若者はなぜ3年で辞めるのか?
社会/政治 | 21:30:38 | トラックバック(1) | コメント(0)
【社会】 『若者はなぜ3年で辞めるのか?』(1/2)
ここに、従業員10人の、年功序列型の会社があるとする。 

社長 「よし、寄せ鍋を作ろう。詳細を決めてくれたまえ」
役員 「醤油ベースにしよう。具は何がいいか、おすすめのレシピをつくってくれ」
部長 「海産物がいいな。君、適当にスーパー回って買い出してきて」
課長 「じゃあ、タラとカニでいこう。あとは料理しとけよ」


業務は、末端に下りてくる頃には実に単純な作業に成り果てている。
あとは6人の平社員が並んで作業をするだけで、残業でクタクタになるのも、たいていの企業ではこのレベルの人たちだ。
(本書 ”権限は、能力ではなく年齢で決まる” より)



若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)
 『若者は
  なぜ3年で辞めるのか?』

 城繁幸著,光文社新書,2006年9月
 ★★★★
 
 <目次>
 はじめに 「閉塞感の正体」を見きわめる
 1.若者はなぜ3年で辞めるのか?
 2.やる気を失った30代社員たち
 3.若者にツケを回す国
 4.年功序列の光と影
 5.日本人はなぜ年功序列を好むのか?
 6.「働く理由」を取り戻す





少し古い統計ですが、2000年において、大卒入社3年以内で会社を辞める人の割合は36.5%にのぼり、実に3人に1人が辞めているという計算になります。
「第二新卒」「転職産業」が当たり前になったのも、新世紀に移る頃になってからのこと。

日本企業が雇用形態について従来型の「年功序列」から「成果主義」を標榜するようになって久しいですが、その実態は何なのか、そして受益者は誰なのかを、著者は本書にて明らかにします。また、そのような社会の矛盾を通して、「働くこと」の意味を考えます。

ということで、前回に続いて就活特集第2弾です。
学生の方はもちろん、社会人の方も必見の1冊。あなたは、今の仕事に満足をしていますか?


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【就活特集】 城繁幸 若者はなぜ3年で辞めるのか?
社会/政治 | 17:30:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。