■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【歴史/人物】 『晩年の秋山好古』
人生において大切なことは、
若くしては何をしようかということであり、
老いては何をしたかということである。




晩年の秋山好古
 『晩年の秋山好古』
 片上雅仁著,2007年3月(絶版)
 
 ★★★★







<目次>
①陸軍大将が校長に
②先進的な国際感覚と平等主義
③無言の教訓、無為の感化
④エラぶる姿無く
⑤不思議な魅力
⑥「責任はまったく校長にある」
⑦「生徒は兵隊ではない」
⑧松山高校の紛争を見事に調停
⑨運動競技を通じて品位を
⑩温泉、ヘボ碁、庭で晩酌


⑪徹底した合理主義・現実主義
⑫商売の論理
⑬「修身」でテント張りや野外炊事
⑭自主自立、自労自活
⑮若き日に「必ずしも艶聞なきにあらず」
⑯最後の力をふりしぼって
⑰自分の弱点を認め冷徹に
⑱同志たち(Ⅰ)人を動かす加藤恒忠
⑲同志たち(Ⅱ)紳商・新田長次郎
⑳銅像は見ている



NHKスペシャル大河ドラマ『坂の上の雲』が今年からついに始まりました。
『坂の上の雲』と言えば、日露戦争を描いた名著中の名著。
その主人公の一人である秋山好古について、晩年を描いた本を紹介します。

秋山好古は安政6年(1859年)に松山に武士の家に生まれ、明治維新により家計が逼迫する中、無料で勉強ができるということで陸軍に入隊。1905年の日露戦争では、機関砲を装備した騎兵旅団をもって当時世界最強と謳われたコサック騎兵団と互角の戦いを演じ、「日本騎兵の父」と呼ばれます。
そして陸軍参事官・陸軍大将・従二位勲一等功二級という肩書きを得ながら、晩年は地元の中学校校長として死の間際まで教育に務めました。

本書は、陸軍除隊後の松山での校長生活について、朝日新聞・愛媛版に連載されたものをまとめた一冊。現在は『続・晩年の秋山好古』と併せて『秋より高き 晩年の秋山好古と周辺の人々』として出版されているようです。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【歴史/人物】 片上雅仁
歴史/人物 | 23:36:04 | トラックバック(1) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。