FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【文化/芸術】『色の名前辞典』
木賊色バーガンディ江戸生壁
ホイート密陀僧……


どれも色の名前です。



『色の名前辞典』
福田邦夫著,主婦の友社,2001年5月
★★★

色の名前事典色の名前事典
(2001/04/01)
福田 邦夫

商品詳細を見る



現在は原理から照らして工学的に色を網羅することができますが、かつて色とは人が「発見」し、「開発」するものでした。
染料としての色は、その材料などから希少性の高いものも多く、それらは時の権力者のものとなります。
あるいは権力者を示す色が、禁色としてその使用を禁じられることも多くありました。
例えば中国皇帝の色である黄色や、ローマ皇帝の色であるロイヤル・パープルなどがそれです。

続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【文化/芸術】 福田邦夫
文化/芸術 | 18:52:16 | トラックバック(0) | コメント(0)