■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【科学】『人物で語る化学入門』
「実験で証明されていない事に対しては、どんな権威が述べた事であっても、まず疑ってかかれ」
(1661年,ロバート・ボイル著『懐疑的化学者』より)



人物で語る化学入門 (岩波新書)
 『人物で語る化学入門』

 竹内敬人著,岩波新書,2010年3月
 ★★★★

 <目次>
 序.物質は原子からできている
 1.物質世界の役者たち -元素と原子
 2.電気と化学の切っても切れない関係
 3.どんな分子でもつくれるのか?
 4.起こらない反応を起こさせる
 5.大きいことはいいことだ -高分子の時代
 6.物質を診察する
 7.鏡の国の分子
 終.21世紀の化学





化学と言えば、センター試験で25点(偏差値約30)だったのが昨日のことのよう。
そんな僕ですが、最近化学の知識が必要になりました。そこで入りやすい本はないかと探してみたところ、書店に平積みされた本書と出会ったわけです。

これがとにかくわかりやすいの!
本書は時系列やジャンルにとらわれることなく、化学史に名を残した登場人物たちの苦労を、テーマや人物ごとにさらりと紹介しています。その彼らの道程をなんとはなしに追うだけで、化学のエッセンスが頭に染んでいくのがわかるんです。
この読みやすさは人物目線だからか、それとも著者の「化学のおもしろさ」の濾過の純度の高さゆえか。

学術書には程遠いながらも、「化学すげぇ!」と初心者ながらに興奮できる1冊でした。
化学にトラウマのある人も、その道の人でも、読んで何かがスッキリする1冊です。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【科学/技術/専門】 【歴史/人物】 竹内敬人
科学/技術/専門 | 00:48:49 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。