■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【科学】 『クオリア入門』
「アハ!体験」で有名な茂木健一郎氏。
彼の扱うテーマは、脳ではニューロンの発火が起きているに過ぎないはずなのに、なぜ心が宿るのか。メカニズムとしての脳と心の関係を模索しています。

sing2も以前茂木さんの『感動する脳』をレビューしていますが、僕も1冊読んでみました。
本書『クオリア入門』では、2006年時点での著者の思索の成果をわかりやすくまとめています。1997年の『脳とクオリア』という著者自身の本が下敷きになっていますが、いきなり本書から読んでもしっかり理解できると思います。


クオリア入門―心が脳を感じるとき (ちくま学芸文庫)
 『クオリア入門』

 茂木健一郎著,ちくま学芸文庫,2006年3月
 ★★★★

 <目次>
 1.心は脳内現象である
 2.脳の中の相対性理論
 3.心が脳に宿るとき
 4.主観性としての「私」
 5.心はどこにあるか?
 6.「私」の見取り図
 7.脳と環境の相互作用
 8.「私」が私であるために







続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【科学/技術/専門】 茂木健一郎
科学/技術/専門 | 00:29:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
【科学】 『感動する脳』
「感動することをやめた人は、生きていないのと同じである」 Albert Einstein


    『感動する脳』

     茂木健一郎

     2009年4月

     PHP文庫

     ★★★






脳科学は近年特に熱い学問分野で、関連する書籍も多く発行されています。
ビジネスマンは学問というよりHowTo、つまり頭の使い方を学ぶ意味で
脳科学の本を読むことが多いようです。

今回は“クオリア”(質感)から脳のメカニズムを研究する脳科学者・茂木健一郎氏が、
脳と感動の関係をテーマに生き方・考え方のヒントを教えてくれます。


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【一般書】 【科学/技術/専門】 【文化/芸術】 【思考法】 茂木健一郎
科学/技術/専門 | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。