■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【科学】 『クオリア入門』
「アハ!体験」で有名な茂木健一郎氏。
彼の扱うテーマは、脳ではニューロンの発火が起きているに過ぎないはずなのに、なぜ心が宿るのか。メカニズムとしての脳と心の関係を模索しています。

sing2も以前茂木さんの『感動する脳』をレビューしていますが、僕も1冊読んでみました。
本書『クオリア入門』では、2006年時点での著者の思索の成果をわかりやすくまとめています。1997年の『脳とクオリア』という著者自身の本が下敷きになっていますが、いきなり本書から読んでもしっかり理解できると思います。


クオリア入門―心が脳を感じるとき (ちくま学芸文庫)
 『クオリア入門』

 茂木健一郎著,ちくま学芸文庫,2006年3月
 ★★★★

 <目次>
 1.心は脳内現象である
 2.脳の中の相対性理論
 3.心が脳に宿るとき
 4.主観性としての「私」
 5.心はどこにあるか?
 6.「私」の見取り図
 7.脳と環境の相互作用
 8.「私」が私であるために







続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【科学/技術/専門】 茂木健一郎
科学/技術/専門 | 00:29:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
【政治】 『28歳で政治家になる方法』
日給7万円以上、年間休日300日、副業・兼業可。
そんな働き甲斐のある仕事No.1の政治家に、何のコネがなくてもなれてしまう!

と言うのが本書の謳い文句。
腑に落ちない点もありましたが、確かにこの本を読めば、少なくとも80%を超える確率で当選することができるでしょう。この80%の根拠は以下で説明します。


28歳で政治家になる方法―学歴・職歴・資格一切不要!  25歳以上なら誰でもなれる!
 『28歳で
  政治家になる方法』


 田村亮著,経済界,2010年11月
 ★★

 <目次>
 1.20代での「転職」は政治家が「適職」
 2.20代で政治家になるたった1つの「選挙攻略法」
 3.選挙に勝つ肝は「公約・組織構成・用品選び」
 4.これが20代でも当選できる
   「90日実践スケジュール」だ!







続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【HowTo】 田村亮
社会/政治 | 22:42:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
【HowTo】 『TIME HACKS』
お金のギャンブルで身を持ち崩す人はある程度自分でも気付きますが、時間のギャンブル、それも決して勝てないギャンブルに身を持ち崩す人は、自分でそのことに気付いていない。


ドキッとさせられた冒頭の1文。
ハックス系の書籍をたくさん書かれている小山龍介氏ですが、人に勧められて1冊読んだのでレビューします。まず読んでみたのは、時間管理の効率化のアイディアが満載された『TIME HACKS!』。著者が実践する89の方法・概念が紹介されています。
高密度のわりには簡潔丁寧で、2時間くらいで読めてしまいました。


TIME HACKS!
 『TIME HACKS!
 劇的に生産性を上げる「時間管理」のコツと習慣

 小山龍介著,東洋経済新報社,2006年12月
 ★★★★

 <目次>
 1.ToDoハック -一瞬と一生
 2.スケジュールハック -リズムとメロディ
 3.時間効率ハック -ジャズとトランス
 4.時間投資ハック -効率と効果
 5.チームハック -足し算と掛け算
 6.計画ハック -微分と積分





続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 小山龍介
思考法 | 18:16:02 | トラックバック(1) | コメント(0)
【映画】 『ソーシャル・ネットワーク』が描いたもの
日本でも火がつき始めていますね、Facebook。
世界に5億人を超えるユーザーを持つ、時価総額250億ドルのFacebookを20代で成功させた史上最年少の億万長者マーク・ザッカーバーグを描いた、映画『ソーシャル・ネットワーク』。
おもしろいと評判なので観てみましたが、本当におもしろかったです。Facebookを題材にしながらも、この映画が本当に描いているのは「Facebook」ではないんですよね。


ソーシャル・ネットワーク
 『ソーシャル・ネットワーク』

 ジェシー・アイゼンバーグ主演,
 デヴィッド・フィンチャー監督,
 コロンビアピクチャーズ,2011年1月(日)

 ★★★★★











続きを読む >>

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

関連するタグ Otoya 【映画】 【その他】 ★★★★★
映画 | 23:36:14 | トラックバック(4) | コメント(0)
【雑誌】 『クーリエ・ジャポン』がおもしろい
友達に紹介されてとてもおもしろかったのでここでも触れたいと思います。
世界中の雑誌のおもしろい記事を集めたという編集雑誌。世界の出来事に、それもおもしろい出来事に網羅的に触れることができる、貴重な雑誌だと思います。
また、この雑誌が選んだ「30歳までに読んでおきたい世界の名著100冊」もぜひ読みたいところ。


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 02月号 [雑誌]
 『クーリエ・ジャポン』

 講談社,2005年11月創刊
 毎月10日発売,780円(2010年2月現在)

 ★★★★

 クーリエ・ジャポンHP

 










続きを読む >>

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【メディア】 【その他】 【クーリエ100冊】
メディア | 15:20:09 | トラックバック(1) | コメント(0)
【HowTo】 『20代で人生の年収は9割決まる』
20代で人生の年収は9割決まる
 『20代で人生の年収は
 9割決まる』


 土井英司著,大和書房,2010年12月
 ★★★

 <目次>
 1.「仕込み」は30歳までに終わらせる!
 2.23歳までに 高い評価で入社する
 3.入社~25歳 体を使って会社に尽くす
 4.26~28歳 自分のナンバーワンを作る
 5.29~30歳 会社の外に出てみる
 6.31~35歳 組織を切り盛りする






前回が極めて爽やかなレビューだっただけに、「うわぁ・・」な本を続けてしまって恐縮です。
amazonのランキングで一時上位に入っていたのでなんとなくクリックしてしまいました。年収気になるとか、僕もサラリーマン染み付いたなあと思いつつ。

本書は、学生時代に1万冊のビジネス書を読み、ビジネスパーソンとして成功し30歳で起業した著者が、「オレはこんな風にして成功したんだぜ!」という経験を語る一冊。成功者というのは自分なりに確立した方法論をもっていて、そのノウハウをこうして本で読めるというのはありがたいですね。

起業するにしてもサラリーマンを続けるにしても、また人生の中でどれだけの仕事にウェイトを置くにしても、自分の将来地図を描く上で非常に参考になる1冊でした。



続きを読む >>

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 土井英司
思考法 | 01:35:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
【製品レビュー】 スリムタイプPCを自作しました
7年半使い続けたVAIOの老朽化を憂慮して、新たにPCを導入。
でもせっかくだから、ということで初の自作PCにチャレンジしてみました!

もう本当にどうしようもないPCケースを選んでしまい、こいつの改造に苦労したことは前回紹介させてもらいました。完全にデザイン優先でケースを選んでしまったために、スペックも当初思っていたものからは大きく変更。
今回は簡単にスペックと感想を紹介します。完全に自己満記事ですみません。

あと実は、作ったのは9月末くらいで、記事にするのも遅くなってしまいました。
諸データは9月末時点のものとして見ていただければと思います。


自作PC(Otoya)

 PC自作しました。

 【主なスペック】
 -CPU
 -マザーボード
 -メモリ
 -ストレージ
 -OS
 -その他


:Intel Core i3 550
:mini-ITX
:DDR3 2GB×2
:SSD64GB+HDD500GB
:Windows7 64bit
:ケースが窒息で困った
 光学ドライブはオミット








続きを読む >>

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

関連するタグ Otoya 【その他】 【製品レビュー】 【電機製品】
製品レビュー | 00:05:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
【製品レビュー】 スリムタイプPCケースを改造しました
ソニータイマーも発動することなく7年半に渡り稼動し続けている僕のVAIO。色々と青春の詰まったノートPCなのですが、さすがに嫌な音が鳴り続けているので、万が一が起きても困ると思いPCをあらためることにしました。
ここで、せっかくなので初めての自作に挑戦。
ところが購入したPCケースが大きな問題を抱えていたので、自作全般の話は次回にして、今回はケースの改造についてレビューしたいと思います。

購入したのはCENTURYのCF-A6719というケース。
こいつがとんでもない窒息野郎だったのですよ!



PCケース
 PCケース『CF-A6719』

 CENTURY製,2008年11月発売,約7000円
 ★★★


 【スペック】
 -Mini-ITX用 (315×75×220mm)
 -光学ドライブベイ×1, 3.5インチシャドウベイ×1
 -150W電源付
 
 【特徴】
 -拡張性無し
 -吸気口無し(強いて言えば隙間から)
 -電源ユニットがサイズが特殊であるため代替できない
 -光学ドライブは干渉するため搭載時に改造が必要
 -でもデザインは素敵






続きを読む >>

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

関連するタグ Otoya 【その他】 【製品レビュー】 【電機製品】
製品レビュー | 00:18:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
【思考法】『思考の整理学』(3/3)
さて、前回もご紹介した『思考の整理学』。本書は考えることのおもしろさを教えてくれる良書中の良書です。
前回は「生まれたアイディアを洗練させる方法」について紹介しましたが、今回は「アイディアを輝かせるための切り口」「思考の抽象化」について考えたいと思います。



思考の整理学 (ちくま文庫)
 『思考の整理学』

 外山滋比古著,筑摩書房,1986年4月
 ★★★★★














続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 外山滋比古 思考の整理学
思考法 | 03:25:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
【思考法】『思考の整理学』(2/3)
新人研修とかでよく聞く話。いきなりお題が出される。

「○○のテーマで明日までにアイディアを100個考えてきて下さい」

100個って、言うのは簡単だけどそう出せる数ではないんですよね。
新人さんは頭を振り絞りながら朝までかかって、ようやく100個のアイディアをノートにまとめます。
そうしてヘトヘトになって出社してみると、次の言葉が。

「考えてきたノートを捨ててください。そして明日までにさらに100個考えてきて下さい」

この限界を超えてひねり出された『思考』にこそ、はじめて価値があると言えるのだとか。
と、これは商業ベースの話でしょうが、どんなものであれ生まれた『思考』は光彩を放ち、僕らの人生を彩ります。

というわけで新年一発目は、そんな『思考』を良質にするための1冊をご紹介。
以前singが紹介しましたが、僕も読んだので再度のレビューです。まず考え方から心機一転しましょう。


思考の整理学 (ちくま文庫)
 『思考の整理学』

 外山滋比古著,筑摩書房,1986年4月
 ★★★★★












<目次>
1.グライダー 不幸な逆説 朝飯前
2.醗酵 寝させる カクテル エディターシップ 触媒 アナロジー セレンディピティ
3.情報の“メタ”化 スクラップ カード・ノート つんどく法 手帖とノート メタ・ノート
4.整理 忘却のさまざま 時の試練 すてる とにかく書いてみる テーマと題名 ホメテヤラネバ
5.しゃべる 談笑の間 垣根を越えて 三上・三中 知恵 ことわざの世界
6.第一次的現実 既知・未知 拡散と収斂 コンピュータ




続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 外山滋比古 思考の整理学 ★★★★★
思考法 | 03:08:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。