■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【経済産業】『イノベーションのジレンマ』
昨今叫ばれる「イノベーション」は、中国語では「創新」と訳されます。
イノベーションは、それまでに無いものを生み出すと言うこと。
単なる改良・改善ではなくして、ブレイクスルーのあるものです。

例えばパンの小売業界。
あなたがお腹をすかしている時、突如空から販売員が現れて、あまつさえ販売員の顔(パンでできている)を提供してくれたとしたら・・・・・・
このようなサービスは明らかに従来のサービスとは一線を画しており、イノベーションであると言えるでしょう。
実現したら業界に激震が走ります。

今回はそんなイノベーションについての本を紹介。
本書で述べる「優良企業はすべてを正しく行うがゆえに失敗する」という「破壊的イノベーションの法則」は達観です。


『イノベーションのジレンマ』
クレイトン・クリステンセン(玉田俊平太監修、伊豆原弓訳),
Harvard Business School Press(SHOEISHA出版),
2001年7月
★★★★


イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
(2001/07)
クレイトン・クリステンセン玉田 俊平太

商品詳細を見る


<目次>
1.なぜ優良企業が失敗するのか―ハードディスク業界に見るその理由
2.バリューネットワークとイノベーションへの刺激
3.掘削機業界における破壊的イノベーション
4.登れるが、降りられない
5.破壊的技術はそれを求める顧客を持つ組織に任せる
6.組織の規模を市場の規模に合わせる
7.新しい成長市場を見出す
8.組織のできること、できないことを評価する方法
9.供給される性能、市場の需要、製品のライフサイクル
10.破壊的イノベーションのマネジメント


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【科学/技術/専門】 クリステンセン
経済産業 | 13:17:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。