■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【コラム】知的財産ってなんだ?
「知的財産」という言葉を聞いた事はありますか?
これは特許商標著作権など、人が考えたものや作ったもので、しかし実在しない「思想・表現」を財産と認めて保護しよう! というものです。

僕はこのサイトでも今後知財について追っていきたいと思います。
そこでここでは簡単に「知財とは何か?」を紹介したいと思います。


1.とにかくお金がかかるんです

今から20年ほど前。
日本企業C社は、オートフォーカスカメラを発明しました。
これは、カメラが自動でピントを合わせてくれると言う、カメラ業界を根底から覆す発明。
この発明は売れに売れ、C社は利益だけで80億円もを得たのでした。

C社は意気揚々としてアメリカに進出します。
しかしアメリカではすでにこの技術について、特許が取られていました(※1)
「特許発明を、発明者の許可無く売ってはいけない」
何も知らなかったC社は、160億円もの賠償金を支払うことになりました(※2)

また、当時アメリカにいた個人発明家レメルソン。
彼はバーコードリーダに関する特許を取って、1年間だけでも1200億円ものライセンス料を手にします。
このときもちろん、日本企業も莫大なお金を支払いました。

このように、特許にはお金がかかるのです。

それ以後日本企業も特許に注目を初め、特許出願に精を出します。
例えば携帯電話には、数千件の特許が含まれています。
その中の1件だけでも侵害すれば、莫大な賠償金を支払わされます。

特許1件あたりにかかる出願料・維持費は約100万円
それでも年間約40万件もの出願がされ、さらに特許は国ごとに取る必要があるので、外国にも出願されます。

いまや特許無しではビジネスができない世の中になっているのです。


※1 アメリカの裁判所は特許侵害の判決をしましたが、その内容は疑問の残る判決でした。
※2 正確には和解でした。和解金だけで160億円支払わされたのです。


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

関連するタグ 【コラム】 【知的財産】 【Otoya】
Otoya | 12:40:03 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。