FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【映画】『新・のび太と宇宙開拓史』
信じる心が 僕らをつなぐ。



『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』
藤子・F・不二雄原作,腰繁男監督,東宝配給,2009年3月・公開中
★★★★

新・宇宙開拓史



本作は、公開29作目にあたる劇場版のドラえもんです。
そして本作は、1981年に藤子・F・不二夫により執筆された2作目の大長編『ドラえもん~のび太の宇宙開拓史』及びこれに基づく同名劇場公開作品のリメイクとなっています。


まずはあらすじを。


遠い宇宙の果てで、敵に襲われやむなくワープに入った少年ロップルだったが、これにより宇宙船が亜空間に漂流してしまう。修理のために宇宙船の倉庫を開けると、そこには見知らぬ世界が広がっていた。
一方地球では、ある夜のび太が寝ていると、畳の下から何者かが飛びだしてきたのだった。
それはロップルとともに宇宙船に乗っていた宇宙ウサギのチャミーであり、なんとのび太の部屋の畳と宇宙船のドアが繋がってしまったことがわかるのだった。

タイムふろしきで宇宙船を直すと、のび太とドラえもんはロップルの星、コーヤコーヤ星を訪れる。
そこは緑とさまざまな動物の住む、楽園のような星だった。
しかし、コーヤコーヤ星はガルタイト鉱石と呼ばれるエネルギー源の塊であり、これを狙うガルタイト工業のコーヤコーヤ星住民への嫌がらせは度を増していく。これに対するのび太たちだったが、ついにガルタイト工業は切り札であるギラーミンを投入するのだった。


続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

関連するタグ Otoya 【映画】 藤子不二雄
映画 | 00:05:00 | トラックバック(2) | コメント(0)