FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【映画】『天使と悪魔』
現代に蘇る秘密結社イルミナティ
宗教に対する、科学の復讐は成るのか・・・



天使と悪魔
 『天使と悪魔』
 ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演
 ソニーピクチャーズ
 2009年5月より公開中
 (原作書は2000年に、日本では2003年に出版)
 ★★★★














本作は、『ダヴィンチ・コード』の作者ダン・ブラウンによる同名小説『天使と悪魔』を基にしたサスペンス映画。
ダヴィンチ・コードに引き続き、ラングドン教授がローマを舞台に活躍します。

映画ダヴィンチ・コードよりもわかりやすく描かれていて、原作を読んでいなくても楽しめる作品です。
記号や彫刻に隠された暗号を読み解いて犯人を追う様は観る人を飽きさせず、ストーリーも2転3転し、どんでん返しもちゃんと用意されています。
ただ、ちょろっとグロテスクな描写もありましたので、気になる人はご注意を。


** あらすじ **
キリスト教の頂点・ローマ法王が逝去し、次期法王を決めるコンクラーベが開かれる。
しかしその時、有力候補者である4人の枢機卿が誘拐された。
犯人はイルミナティ。イルミナティは、かつて科学が宗教に弾圧された時代、ガリレオをはじめとする科学者たちが結成した秘密結社である。
犯人は科学による教会への復讐を誓い、4人の枢機卿を人柱にして、光によりバチカンを破壊するという。そしてその時、ある研究所からは宇宙創造の鍵を握る、生成されたばかりの「反物質」が奪われていた。
犯行を止めるには、ローマに隠された秘密の教会を探し出し、「啓示の道」を見つけなければならない。
巨匠たちの残したヒントを辿り、主人公・ラングドン教授は犯人に迫る。



!以下ネタバレです、未観・未読の方はご注意ください!

続きを読む >>

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

関連するタグ Otoya 【映画】 【神様】 ダン・ブラウン
映画 | 00:01:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ