FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【文学】『ロリータ』
ロリータ、我が命の光、我が腰の炎。我が罪、我が魂。ロ・リー・タ。舌の先が口蓋を三歩下がって、三歩めにそっと歯を叩く。ロ。リー。タ。
朝、4フィート10インチの背丈で靴下を片方だけはくとロー、だたのロー。スラックス姿ならローラ。学校ではドリー。署名欄の点線上だとドロレス。しかし、私の腕の中ではいつもロリータだった。
(第1部第1章冒頭より)




『ロリータ』
ウラジミール・ナボコフ著,若島正訳,新潮社,2006年11月
(原著『LOLITA』は1955年にアメリカで出版)
★★★★

ロリータ (新潮文庫)ロリータ (新潮文庫)
(2006/10)
ウラジーミル ナボコフ

商品詳細を見る



ロリコン映画『エコール』を観てげんなりした僕に、友人が貸してくれた本です。
紛れも無いロリコン(ロリータ・コンプレックス)の語源となった著書であり、主人公である40代男性・ハンバート=ハンバートの倒錯した少女愛を描く、ミステリであり、切ない恋の物語であり、そして文学史上に輝く大著でもあります。


** あらすじ **
主人公ハンバート=ハンバートは、12歳前後の少女(彼曰く「ニンフェット」)にしか興奮できないという性癖を抱えていた。それでも正体を隠し、社会的地位にありながら少女達への想いに喘ぐハンバートだったが、あるとき運命の少女「ロリータ」との出会いを遂げる。
ハンバートはロリータを手に入れるため、未亡人である彼女の母親と結婚することでロリータに近付き、睡眠薬を懐にして完全な計画を練る。運命も手伝ってハンバートはその想いを遂げようとしたが、しかしロリータはハンバートの想像を超えていた…



というのが第1部の内容。ちなみに第2部の内容はさらにぶっとびます。
その展開がなかなかに予想を超えていて、読む人を唸らせます。

続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【小説】 【文学】 【推理/ミステリ】 ウラジミール・ナボコフ 【文芸書】
文学 | 00:56:18 | トラックバック(0) | コメント(0)