■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【社会/政治】 『ゲリラの戦争学』
敵正規軍の10倍


これは、一般的に言われるゲリラ戦の想定損害です。
自衛隊の要・不要について言及するつもりはありませんが、不要と唱える人の中には「敵軍が攻めてきたらゲリラ戦で対抗すればいい!」と言う意見もあったそうです。
でも上記の数字を知るとちょっとそれは控えたいところですね。

他国の内戦などではゲリラ戦が多く用いられ、敵軍に抵抗していますが、僕はゲリラ戦についてはほとんど知りません。
ゲリラ戦とはなんぞや? ということで一冊読んでみました。



ゲリラの戦争学 (文春新書) 『ゲリラの戦争学』
 松村劭著,文春新書,2002年
 ★★★★

 <目次>
 1.持久戦の戦略的背景
 2.ゲリラ戦の原型
 3.初期のアメリカ独立戦争
 4.ナポレオンのスペイン戦役
 5.軍靴の通り道=アフガニスタン
 6.両対戦の谷間=スペイン内戦
 7.中国の内戦
 8.瀬戸際戦略と持久戦
 9.冷戦時代の覇権地図
 10.インドシナ三十年戦争
 11.朝鮮半島のゲリラ戦
 12.ソ連のアフガン戦争
 13.アメリカ同時多発テロ事件
 14.教訓と展望





続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 松村劭
社会/政治 | 23:52:55 | トラックバック(1) | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。