FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【映画】 『涼宮ハルヒの消失』
「ただの人間には興味ありません。
 この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上。」
  ……ここ、笑うとこ?


『涼宮ハルヒの消失』

   原作
    谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』
       (イラスト いとうのいぢ)
    角川スニーカー文庫
    2003年6月
    第8回スニーカー大賞〈大賞〉受賞

   映画
    総監督 石原立也
    アニメーション制作 京都アニメーション
    製作 SOS団
    2010年2月 公開

    ★★★★



※ 今回は説明が多くなるので、シリーズ全体を通してレビューしたいと思います。
※ 私は、原作は第1巻だけ読み、TVアニメは全話見ました。


<あらすじ>
入学早々、ぶっ飛んだ自己紹介をかました涼宮ハルヒは、この世界が「普通」であることに退屈していた。
しかし、彼女自身も気づいていなかったが、ハルヒは「普通」とは遠く離れたところにいた。ハルヒが世界を崩壊させ、創造する力を持っていることを知った主人公キョンは、何も知らないハルヒから世界を守るため、今日もハルヒの我儘に付き合わされるのだった。



続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

関連するタグ sing 【映画】 【小説】 【フィクション】 【SF】 谷川流 【文芸書】
映画 | 10:03:09 | トラックバック(1) | コメント(0)