FC2ブログ
 
■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
【映画】 『シャッターアイランド』
右の絵は、作者不詳の有名な騙し絵『婦人と老婆』
一見するとむこうを向いた若い婦人に見えますが、首筋にかけたレースを口と、あごを鼻と見れば、醜い老婆が浮かびます。

皆が皆、2つの顔を認識できるなら問題はありません。

しかしこの女性が鏡に映る自らの姿を美女としか見ることができず、しかし世界の全ての人が彼女を老婆であると指差したとき、女性は真実に気付くことができるのでしょうか。

そして気付くことが、女性の幸せと言えるのでしょうか。
婦女と老婆




シャッターアイランド
 『シャッターアイランド』
 
 マーティン=スコセッシ監督,
 レオナルド=ディカプリオ主演,
 パラマウント映画

 2010年4月

 ★★★












** あらすじ **
連邦保安官である主人公テディは、相棒のチャックと共にある島へやってきた。そこは精神疾患のある犯罪者を隔離収容する孤島の刑務所“シャッターアイランド”。ここで1人の女性が、謎のメッセージを残して跡形も無く消えたのだ。
「4の法則。67人目は誰?」
真実を隠そうとする先進治療主義の所長、島を出て戻らない主治医、島内でもさらに凶悪な犯罪者を隔離するという「C塔」、再び収容されていた助けたはずの知人、極秘裏に実験が行われている「灯台」。そして主人公は告げられる。
「あなたはもうこの島から出ることはできない」



「衝撃のラスト」という触れ込みで宣伝され、上映前には「この映画のラストはまだ見ていない人にはけっして話さないでください」「登場人物の目線や仕草にも注目しましょう」という旨のテロップが入る本作。
また映画の謎解きに集中するための「二度見キャンペーン」や、原版に忠実な「超吹き替え版」(なんだそりゃ)の上映も行われたとか。
観てきたのでレビューしたいと思います!


!このレビューにはネタバレが含まれます!



続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

関連するタグ Otoya 【その他】 【映画】
映画 | 23:24:18 | トラックバック(1) | コメント(0)