■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【思考法】 『世界一やさしい問題解決の授業』
「キノコ!キノコ!」「ハンペン!ハンペン!」「ナスビ!ナスビ!」やまない声援…
(中略)3人とも感動して泣いています。
…?



『世界一やさしい問題解決の授業』世界一やさしい問題解決の授業』

   渡辺健介

   ダイヤモンド社

   2007年6月

   ★★★







<目次>
 1限目 問題解決能力を身につけよう
 2限目 問題の原因を見極め、打ち手を考える
 3限目 目標を設定し、達成する方法を決める



singは就活中、とある企業の人事担当者に本書をすすめられました。
その企業は、ロジカルシンキングを非常に重視している会社で、その重要性を気付かせてくれたという点で、私もかなり気に入っていた企業でした。
結果として、その企業には入社しませんでしたが、いろいろなことを学ばせて頂きました。
というわけで紹介。



◇計画を立てよう

「自分で主体的に考え、決断し、行動する」

これさえできれば生きていく上で困ることはほとんど無いんじゃないかと思えるほどの大切なことです。言葉ではとても簡単ですが、実践するとなるととても難しいことです。
本書では、これを「問題解決能力」という名の「癖」として身につけることが重要と説きます。
この「癖」さえ身につけると、“自分で人生を切り開いていける”そうです。

問題の解決に必要な手順は以下のとおり。
 ①現状の理解
 ②原因の特定
 ③打ち手の決定
 ④実行


実際には、この後に、結果が目的を満たしているかを検証する必要があります。

本書は非常に平易な喩えで段階を踏みながら、この流れを追うことで、あらゆる問題を解決する方法を伝授してくれます。



◇簡単なようで難しい

とはいえ、本書で言っていることは大学生以上であれば当然身に付けておくべき思考法です。
ましてや専門が情報系であれば、ソフトウェア開発の流れと全く同じプロセスなので絶対必須。

ふと思ったんですが、本書のターゲットは誰なんでしょうか?
コピーやイラストは中高生向けっぽいですが、その年齢だと理解はできてもまだ実感がわかない気がします。

社会人に対しては、大雑把にまとめすぎている感があります。
あらゆる問題解決のベースとなる考え方を伝えるために、意図的に余計なものを削ぎ落としているのだと思いますが。

単に、例に挙がっているキノコくんたちがシュールでよくわからない、だけかもしれませんが。



◇プロセスは1つ1つ

本書に書いていないことですが、私は必要だと思うことがあります。
それは、手順(段階)をしっかり分けること。

例えば、「現状の理解」ができたと思ったら、そのままの勢いで「原因の特定」について考え始めてしまう。
それ自体は悪い事ではありませんし、むしろ先のことを考慮している点は評価されることかもしれません。

一番危惧すべきは、先々のことに思考を巡らせたからと言って、段階ごとの成果まで混同してしまうことです。

たとえ混同してしまっても、いま直面している問題の解決はできるかも知れませんが、きっちり段階を分けておくことで、後々同じ問題が起きたときに違いが出ます。

二度手間を減らせる、問題の本質を掴みやすいなど、メリットは大きいと思います。
本書の考え方を「癖」とするならば、このことを頭に留めておくと良いかもしれません。


先月、就活特集をやりましたが、内定をもらってから入社する前の期間に、本当にこの考え方を「癖」にしてしまう、というのは非常にいいことでしょう。
ですが、本書だけで「癖」を身につけるのは難しいと思います。
『思考の整理学』の副読本くらいに考えるといいかもしれません。
自分で主体的に考え、決断し、行動した人



** 著者紹介 **
渡辺健介(わたなべ・けんすけ)
デルタ・スタジオ代表取締役社長。1999年イェール大学卒業(経済専攻)、同年マッキンゼー・アンド・カンパニー東京オフィスに入社。2003年ハーバード・ビジネススクール入学、2005年卒業。同年、マッキンゼー・アンド・カンパニーニューヨークオフィスに転勤。同社を退社後、デルタスタジオを設立、現在に至る。
(本書より引用)

** この作品を紹介しているサイトさん **
・「Doodle/Blog」さん
・「書評テトリス」さん
・「活字中毒日記」さん

** 過去に紹介した【思考法】 **
『地頭力を鍛える』
『思考の整理学』
『感動する脳』

** あまり関係ないおまけ **
スパルタ達によるプログラマ職業紹介

sing

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 渡辺健介
思考法 | 10:03:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。