■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【映画】 『のだめカンタービレ 最終楽章』前編&後編
さあ、楽しい音楽の時間デス――


『のだめカンタービレ
   最終楽章』
前編&後編

   原作 二ノ宮 知子
    第28回(平成16年度)講談社漫画賞 少女部門

   出演 上野 樹里
      玉木 宏 他
   総監督 武内 英樹
   監督 川村 泰佑
   脚本 後藤 凛

   前編   後編 

   ★★★★★




◇「楽しい音楽の時間デス」

前編の冒頭は、パリの伝統的な街並みと、ピアニシモから始まり音が重なり合っていく『交響曲第7番』。開始1分で背筋にゾクゾクきました。撮影に使われたウィーン楽友協会は、世界最高峰のウィーン楽友協会が毎年ニューイヤー・コンサートで使うことで有名です。ここで演奏するのは、本当にすごいことなんですよ。


しかし、映画版で私が最も期待していたのは、千秋の指揮&ピアノソロ(弾き振り)による『ピアノ協奏曲第1番ニ短調』


ル・マルレ・オーケストラの常任指揮者となった千秋が、観客はもちろん楽団員に対してその実力を最大限アピールするために、シュトレーゼマンが考えた選曲です。流麗というよりはしっかりと理論的裏付けまで考えた上で演奏をする千秋にぴったりの曲です。こんなん見せられたら誰だって惚れるわw
前半の最大の見せ場ですね。



◇いい音楽は、いい音で。

MOVIXさいたまに観に行ったのですが、ここは12個のシアターのうち3個、特別音がいいスピーカーが設置されています。日本のTAD2部屋とアメリカのJBL1部屋。私が本作を観たのときは、前編がJBL、後編がTADでした。
やはり音がいい! 音響的な感想としては、生のオーケストラにはさすがに敵いませんが、音はしっかり前に出て聴こえるので、充分な満足感がありました。特に、透き通るように綺麗な高音域に定評のあるTADがよかったですね。


あと音楽以外の話をするならば、やっぱり上野樹里かわいいなー、ですよね。
私はずっと、のだめが映画で着てる服に目が行ってしまいました。演奏用のドレスはもちろん、普段の服までどれもおしゃれで印象的なのですが、絶妙なところで目立ちすぎてない。他にもパリの街並みも非常にこだわって撮影されていたり、こういう音楽に直結しないようなところにスタッフの熱意が感じられました。
貧乏学生のくせに高価そうな服ばっか持ちすぎだろ! とか思っちゃいけません。母ヨーコがすごいってことですw

個人的に後編で一番の注目キャラはヤドヴィガですね。後半にはストーリー的にとても大事な役割を担います。テルミンの演奏は怪しすぎますがw



◇音楽に真正面から向き合って

(以下、少しネタバレ)

のだめと千秋の"大舞台での"共演は結局叶いませんでした。心情としては是非とも実現してほしかったのですが
、物語のテーマ的には無くて正解なのかな、と思いました。うまい表現が見つかりませんが、それをやってしま
うと、クラシック音楽(の無駄な格式高さ)に警鐘を鳴らし続けたのだめを否定することになってしまう気がし
ます。

初めてドラマの企画が持ち上がったとき、千秋を主人公にしようとしたTV局に対し、原作者は「あくまで主人
公はのだめ」と譲らなかったといいます。(結局その時にはドラマ化は実現しなかったようです)
やはり、その辺が物語の本質、ということでしょう。



いうまでもありませんが、本作はクラシック音楽を再び注目させ、大きなブームを起こしました。クラシック音楽関係者と愛好家が自分の世界だけで楽しんでいないで、子供にもとっつきやすいように描いた、その価値は計り知れないものがあると思います。完結してしまって本当に残念。
当サイトでは、今後も音楽関係の小説などを紹介していくつもりです。

以前紹介したこちらの記事もどうぞ。
『ブラームス:交響曲第1番』千秋真一&R☆Sオーケストラ
その他音楽関係の記事


** 著者紹介 **
二ノ宮 知子(にのみや・ともこ)
1969年5月25日。埼玉県生まれ。自身のことを「まんが家兼よっぱらい研究所・所長」と書いたことがある。2008年男児を出産。他の著書に『天才ファミリー・カンパニー』『平成よっぱらい研究所』など。
(Wikipedia より)
公式HP

sing

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

関連するタグ sing 【映画】 【文化/芸術】 【音楽】 【マンガ】 二ノ宮知子
映画 | 23:04:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。