■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【映画】 『アリス・イン・ワンダーランド』
君は覚えているだろうか?
幼かったあの日、一度この世界に来たことを――



alice title
 『Alice in
   Wonderland』


 ティム・バートン監督,ミア・ワシコウスカ主演
 ディズニー,2010年4月
 ★★★

 映画オフィシャルサイト














一説によれば聖書の次に世界中で読まれているという『不思議の国のアリス』
ルイス・キャロルによるこのベストセラーの映画化は何度もされてきましたが、今回は『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督とジョニーデップにより、実にMADに仕上がっています。
ということで、さっそく観たのでレビューです。


========


◎観る前に忠告!

ネタバレをする前に1つだけアドバイスを。
この作品は3Dでも上映されていますが、3Dで観る場合には映画館を選んでください!
理由は、3D方式によっては3Dメガネをかけると光量が不足してしまうため。

この『アリス』の醍醐味の1つはなんといってもファッション
夢の世界のサイケデリックな色彩のおもしろさや、主人公やジョニーデップ、女王たちの意匠の素晴らしさ、そして世界そのもののデザインの深さは、奇々怪々な童話の世界そのもの。ティム・バートン監督のセンスが十二分に活かされており、この世界に浸れるだけでも観る価値があります。

ところが、現在3D映画にはXpanDRealDDolby3DIMAXの4方式がありますが、方式によってはとても暗くなってしまいます。詳しくは『にわか映画ファンの駄目な日常』さんが解説してくれてますのでご参考下さい。
僕はTOHO系列のXpanD方式の3Dを見ました。
メガネをかけると暗いしディテールよくわかんないしで残念です。たまにメガネを外してみたらすげえ画面綺麗だったけど、でも3Dだから裸眼だとだぶって見えたし。。

3Dで観る場合には、観る前に映画館の方式をぜひ確かめてみて下さい。



!以下ネタバレを含みます!



◎今回のアリスは迷える19歳

さてアリス。
『不思議の国のアリス』というよりも、『鏡の国のアリス』の内容をよりモチーフにしている気がしました。『鏡の国~』は白兎や帽子屋、赤の女王と白の女王、そしてチェシャ猫も登場します。
特に『鏡の国~』でちょろっと登場するジャバウォックの詩が今回のストーリーに対する予言という位置づけになっており、おもしろい使い方だと思いました。
また、単に子供の夢の話ではなく、大人になろうとするアリスが子供時代を思い返して原点に還るというのも、大人が観て勇気付けられるところがあったと思います。


と、どんでん返しは無かったですが、ディズニーならではの安心して見れるストーリーでした。
ひっかかったのは、主人公たちの赤の女王に対する仕打ち。これが目だって見えたのは、敵である赤の女王の残虐さがそこまで描写されていなかったせいでしょうか。僕は童話特有の残酷さを感じました。
ジャバウォックは最後に許してあげるのかなーと思ったらほんとに首切るし、ジャブジャブ鳥も頭潰されてるし、なんか平和的なこと言ってた白の女王も、勝ったとたんに手の平を返すようにして赤の女王に仕返しするし。
わかりやすさとの綱引きというのはあるかもだけど、もうひとひねりあってもよかったかも。
あとバンダースナッチはなんで突然仲間になったの? 誰か教えて!


    alice redqueen


 ←赤の女王役ヘレナ・ボナム=カーターは、
  ティム・バートン監督の奥さんです















総括すると、できればワンダーランドならではの奇想天外さをもっと活かして欲しかったというのが正直な感想。もっとも、原作活かしすぎるとわけわかんないだけで終わりそうなので、今回のわかりやすさ、テーマの選び方はかなり賞賛すべきだと思います。
異界から現れた救世主・アリスに付き従う登場人物たちはまるでオズの魔法使いにも似て、どストレートのドラゴン退治物語でした。

洗練された世界観に浸るにはお勧めの1本。
現実から逃げたい人はぜひ。嫌なことを忘れて、そして勇気をもらって帰ってこれます。



** 他にこの映画を紹介しているサイトさん **
「レベル999のマニアな講義」さん
「CINEMA L'AMOUR」さん
 →僕はこのレビューにかなり近い感想を持ちました
「野良箱」さん
 →割と詳細にレビューされてます。ストーリーを知りたい方に
「思い出ソーダ」さん
「月の夜の感想」さん
「blog-M」さん
「3D映画の感想」さん
 →3D映画のレビューをされています
Otoya


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

関連するタグ Otoya 【その他】 【映画】 ティム・バートン
映画 | 13:59:06 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
TOHO?
TOHOにはIMAXの劇場はありませんよ、IMAXで暗いって感じたのならおそらく目が悪いんじゃないの?
2010-05-02 日 23:20:36 | URL | hun [編集]
Re: TOHO?
コメントありがとうございます。
再度確認したところ、TOHOはXpanDでしたね。。暗かったわけです。
ご指摘ありがとうございました。そしてご迷惑をおかけして申し訳ないです。
2010-05-03 月 11:59:33 | URL | Otoya Sing [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。