■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【映画】 『ソルト』
映画『ソルト』を観てきたので感想を綴ります。
この夏の映画としては、僕は以前レビューした『借り暮らしのアリエッティ』のが好みでしたが、アクションを観てすっきりしたい! ドキドキしたい! という方にはこちらもおススメ。
息をつく間もない2時間でした。



ソルト
 『SALT』

 アンジェリーナ・ジョリー主演,フィリップ・ノイス監督
 コロンビア映画,2010年7月(日本)

 ★★★

 公式HP:http://www.salt-movie.jp/











** あらすじ **
北朝鮮でスパイ容疑で捕まったソルトは、「私はスパイじゃない」と繰り返す。
それから2年、恋人の政府への嘆願により捕虜交換が成り、2年ぶりにアメリカの地を踏む。石油会社に戻った彼女のその正体はCIAエージェント、すなわちスパイだった。そこへ不審なロシア人を捕らえたとの通報を受け、仲間と共に尋問を開始するソルト。するとロシア人はこう言った。
「我がロシアは幼少時より高度な訓練を受けたスパイを、米国中枢に潜入させた。その名はチェンコフ、またの名を"ソルト"」
仲間より疑いをかけられるソルトを尻目に、事件は起こっていく。ソルトは言う。
「私はスパイじゃない」



本作はストレートのスパイもの。
アンジェリーナ・ジョリー扮するソルトの正体を焦点にストーリーは広がり、ちゃんとどんでん返しも待ってます。もったいぶらずごく自然に、でも先の読めないストーリー運びが好きでした。
いやーしかしこの人タフでしたね~。さすがスパイ。


!以下ネタバレです!


========


◎塩味のピリリと利いた素早い動き

もうまず見所の1つはソルトの手際の良いソルティーなアクション。
消火器と椅子のパイプでありあわせロケットランチャー作ったり、体術を活かして何度も逃げたり、力技だけでなく知恵も使って戦ったのがカッコ良かったですね。
ロシア大統領暗殺のために潜入する様子も風のよう。ぜひゴルゴと戦っていただきたい。
この辺は最近の潜入系のゲームなんかの影響も受けてるような感じがしました。

ただアクション映画としては真新しいところは無かったですねー。
あと、最初は峰打ち重視で控えめなアクションなのに、ストーリーの進みに合わせてだんだん派手にバンバン撃ち抜く、というアクション映画特有のこのインフレ具合は何なんでしょうかね。

とは言え各アクションはクドすぎずあくまでもスピーディー。ストーリー展開は結構速かったと思うのですが、常に戦いながら駆け抜けた感じで飽きませんでした。
アクションを飽きさせずに観せるってけっこう大事だと思いました。



◎時折りフラッシュバックする彼との思い出が心にしょっぱい

「もしアメリカがロシアにやられるとしたら、ロシアはどういう手を取るか?」

監督はそんな課題設定を着想して、この映画を作ったのではないかと思いました。
その答えとして出したのが「アメリカの中枢にスパイ潜り込んでいたらどうなるか」。シンプルだけどわかりやすい作戦です。名づけてユビキタス・スパイ。

国の中枢にスパイが潜り込んでいたら、具体的に彼らはどんな攻撃に出るか。
そのシミュレーションをこの映画で実行しながら、スパイの1人であるソルトには恋人との情愛を持たせました。これにより彼女の立場を敵と味方の境界に置き、「こいつはどっちだ?」という観客の期待を煽ることに成功したのだと思います。

どんでん返し自体は、最初からスパイ映画として見ていたので覚悟ができてしまってました。「お前このタイミングで?」という驚きはありましたが、まあスパイ映画だし。
それよりもうまかったのは、早々に主人公がスパイであることを明かしてしまって、その上で彼女がどちら側につくかを観客に迷わせた点でしょう。事実がどうこうではなく、彼女の感情にも左右されることなので、推理はできません。
終わってみて始めて、「君はそういう気持ちで戦っていたんだね」と映画のストーリーを振り返ることができました。


ちょっと矛盾を感じる部分もありましたが、アクション映画にありがちなクドさのない、スッキリと楽しめるストーリーでした。時間を忘れて彼女と走れる2時間です。


ソルト2
   ↑何も知らないかわいそうな人が1人だけいます


** 他にこの映画を紹介しているサイトさん **
「ディレクターの目線・blog」さん
 →実に的確なレビュー。「アンジーの金太郎飴」は言い過ぎではありませんね…
「タナウツネット雑記ブログ」さん


** この夏のおススメ **
『借り暮らしのアリエッティ』
Otoya


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

関連するタグ Otoya 【その他】 【映画】
映画 | 00:55:11 | トラックバック(2) | コメント(2)
コメント
TBとご紹介ありがとうございます
Otoya Singさん、初めまして。
TBの上、記事でご紹介くださってありがとうございます。
いろんな意味で、今のアンジーを楽しめる映画だと思いました。
これからも、よろしくお願いします。
2010-08-02 月 09:52:34 | URL | みっきー [編集]
コメントありがとうございます!
こちらこそコメントをしていただきありがとうございます。
以前からみっきーさんのサイトを参考にさせているのですが、毎回の的確な指摘と「読ませる」レビューで、僕もいずれそのようになれたら・・・と思っています。わりと悔しいです。
またご参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
2010-08-03 火 01:02:22 | URL | Otoya [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

[映画] 今年最高の一本「ソルト」
アンジェリーナ・ジョリーの主演映画なら観たい、と思っていて、どんな映画か予備知識が全くないまま観に行った。それが良かった。最近の映画の予告編やWebサイトはオチを予見させるものが多く、興醒めになりかねないから。 とにかく、観て良かった。これが今年最高の一本だ
2010-08-15 Sun 00:16:21 | Adminではないけれど [ブログ篇]
http://uro2god.blog121.fc2.com/tb.php/177-0141e197
紹介文アメリカのCIAエージェントの主人公イヴリン・ソルト。ある日、ロシアからやってきた謎の密告者オルロフによってCIAにもたらされた情報は、アメリカの仕業に見せかけた訪米中の...
2010-11-19 Fri 16:03:27 | ばみの乱読日記 と猫雑貨。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。