■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【文学】『陰日向に咲く』
「ここからだよ。ここから俺の人生が始まるんだよ。」


陰日向に咲く

  『陰日向に咲く』
  劇団ひとり


    幻冬社
    2006年1月

   ★★★








お笑い芸人「劇団ひとり」の小説家デビュー作。映画化もされたのでご存じの方も多いでしょう。
彼は芸人としては好きですが、小説書いたところで大したものにはならないだろうと完全にナメてました(すみません…)。
ところが

どっこい、普通の、いやむしろ、おもしろい部類に入る作品です。
文体も読みやすいです。


本作はオムニバス形式の連作短篇集。
各エピソードの結末は、サキを思わせるような一言でのどんでん返し。
各短篇には、別のエピソードのキャラクターがこっそり顔を出します。
でも、ただのスピンオフとは違い、全体を通してみたときに意味を為しているあたりが、うまいなぁと思いました。
流行(?)の形式を取り入れるなら、こういう風に使いこなせると格好良いですね。



では各章の紹介。
でも、いちいち細かく感想書くのも、本作では何か違う気がするので一言ずつ。

1.道草
ホームレスに憧れ、実際ホームレスになってみたサラリーマンの話。
まだナメた目で読んでるのが自覚できて、集中できなかった。

2.拝啓、僕のアイドル様
売れないアイドルを応援するオタクの話。
どんでん返しが結構おどろき。

3.ピンボケな私
夢もなく生きていた女子大生が、カメラマンをめざすことにした話。
これが一番気に入りました。

4. Overrun
ギャンブルで身上潰した男の話。
各章が次第に繋がってきた。

5.鳴き砂を歩く犬
浅草で細々と生きる売れない芸人コンビの話。
すごいとは思うけど、何かわからないけど嫌だった章。



ただただ人が現実を(不器用に)生きる様を追い、それを重ねていくことで“人生”を問うアプローチ。
こういう小説(なんて言うのか知らないけど)好きです。
森見登美彦『【新釈】走れメロス 他四篇』六道神士『Holy Brownie』とかね。数ある作品の中から、これを挙げるのは自分でもどうかと思いますが。
(他人から見れば)不幸な人の話が続くのに、読後には何かわからないけれど希望が見えてくるのは不思議ですね。



文庫版では、著者の父親が巻末の解説を書いています。
著者の生い立ちを辿っているだけなのですが、これがまた不思議で、作品の締めくくりに見事にマッチしています。
おそらくここまで考えた上で解説を父親に頼んだのでしょうが、この巧みな一捻りを含めて”作家・劇団ひとりの『陰日向に咲く』”と見るべきでしょう。


お笑いで培った“間”の取り方が絶妙な作品です。




** 著者紹介 **
本名、川島省吾。1977年2月2日、千葉県生まれ。お笑いタレント。『平成教育学院』『笑っていいとも!』『解体新ショー』『学べる!!ニュースショー!』など、数多くのTV番組に出演中。他の著書に『そのノブは心の扉』。2009年2月17日、タレントの大沢あかねと結婚。おめでとうございます。



** この作品をレビューしているサイト **
「活字中毒日記」さん
「読書感想トラックバックセンター」さん
「ヤサシイケド、ツライヨ。」さん
読売新聞「本屋さんへ行こう!」さん

sing

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【小説】 【文学】 劇団ひとり 【文芸書】
文学 | 18:56:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。