■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【思考法】 『地頭力を鍛える』
頭良くなりてぇ。

と、いつも思います。
大学生は就職活動のシーズンですね。
噂によれば最近の面接では頭の使い方が問われるそうです。
いきなり訊かれるらしいですよ。

「キミ、日本に電柱は何本あるとおもう? 3分で答えて」

そんなの「たくさん」に決まってんだろ!!
とか憤りたくなりますが、そんなアナタにおススメの本が。



地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」 『地頭力を鍛える』
 細谷功著,東洋経済,2007年12月

 ★★★★★

 <目次>
 1.「地頭力」とは何か
 2.「フェルミ推定」とは何か
 3.フェルミ推定でどうやって地頭力を鍛えるか
 4.フェルミ推定をビジネスにどう応用するか
 5.「結論から考える」仮説思考力
 6.「全体から考える」フレームワーク思考力
 7.「単純に考える」抽象化思考力
 8.地頭力のベース
 9.さらに地頭力を鍛えるために




「一日に日本人が消費する米粒の量」とか「太平洋にいる魚の数」とか、答えのわからない問題について考えるのが「フェルミ推定」
回答方法は千差万別で、その答えを導くプロセスが重視されます。


========


1.「頭のよさ」は3種類

著者は「頭の良さ」には3種類あると言います。
①知識、②コミュニケーション力、③地頭力

本書で問題とするのはこの地頭力、すなわち「考え方」になります。
ここでおもしろいのは著者の鳴らす警鐘。

かつては深い知識を持つ「専門家」が尊ばれた。
しかし、IT革命を経た今、専門化レベルの知識は簡単に手に入る。
問題なのはその知識を「どう使うか」である。


た、確かにその通り…!
ぼけーっとウィキペディアサーフィンしてれば知識はたまります。
でも簡単に知識が手に入るからこそ、頭を使うことを忘れてしまっているような…。
もうほんとハイパーリンク発明した人罪深い。

著者はすぐにネット検索にたよる「ネット検索中毒」を問題視し、自分の力で答えに辿り着ける力を持つこと、知識に「付加価値」を持たせられる論理思考力を持つことの必要性を謳います。



2.地頭をつくりあげるモノたち

著者は「地頭力」、つまり物事の「考え方」について、次の各層の能力から構成されると考えます。

3層:抽象化思考力、フレームワーク思考力、仮説思考力
2層:論理思考力、直観力
1層:好奇心


ここで面白いのは、地頭力を支える力として、「論理思考力」「直観力」があるところ。
これってよく言われるのは、理系脳と文系脳ですよね。
著者はこの両方をうまく使っていくのが大切だと述べます。

「ひらめき」というとなんだか生まれ着いての能力のように感じてしまいがちですが、僕はこれについても鍛えられると思います。
必要なのは、毎日いつも考えているということ。
これによって思考回路が形作られ、次のひらめきに繋がるような気がします。

でもやっぱり一番大切なのはモチベーション。
好奇心を胸に毎日を生きたいですね。



3.「エレベーターテスト」

あるときエレベーターに社長と乗り合わせたとき、今の事業の進捗を聞かれたら?

これを著者はエレベーターテストといいます。
エレベーターに乗っているわずかな時間の間に、簡潔かつ明確に、そして最後まで説明することができるのか。
もちろん社長がいなくても、いつでもその準備を頭の中ですることで、地頭力が鍛えられます。

本書を読んで、日々問題意識を頭の片隅に置くようにすれば、少しずつ地頭力を鍛えていくことが出来るのではないでしょうか。
本書はそんな気にさせてくれる本です。

具体的には、「ゴールから考えること」、「全体から考える」ためのフレームワークを持って思考すること、「単純化してざっくり考えること」など、いくつかの手法がわかりやすく示されているので、ぜひ手にとって試してみてください。

興味のある人は他のフェルミ推定や論理思考の本も併せて読むと良いでしょう。



**著者略歴**
細谷功(ほそやいさお)1964~
東芝を経てアーンスト・ヤング・コンサルティングに入社。
製品開発やマーケティング、戦略策定などに従事。

Otoya


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【思考法】 【HowTo】 細谷功 ★★★★★
思考法 | 17:14:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。