■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【Webサイト】『やる夫がキリストになるようです。』
聖書を読む前に。


『やる夫がキリストになるようです。』

  第一章 死海のほとり
  第二章 ガリラヤの春
  第三章 山上の垂訓
  第四章 聖都エルサレム
    前編  後編
  番外編 やる夫と絵画で学ぶイエス・キリスト

  著者 「esu-kei_text」さん(ID:4my3fJh90)

  ★★★


様々なジャンルにおける、初心者ではちょっと取っ付きづらい事柄を超分かりやすいストーリー仕立てにした、2chの”やる夫”シリーズ
今回紹介するのは、イエス・キリストの生涯を描いた歴史物語です。


実家は一応仏教徒らしいけど個人的に無宗教、という典型的な日本人(私含む)は、聖書とキリスト教についてなんとなく聞いたことあるけどよくわからない、という事が多いのではないかと思います。
例えば、
   ・なぜイエスは十字架にかけられたのか
   ・なぜユダはイエスを裏切ったのか
   ・なぜ初めイエスを迫害していたパウロが熱心な伝導者になったのか
   ・ユダヤ教とキリスト教の違い
   ・キリスト教が様々な宗派に分断した理由

など。
私自身、何冊か関連する書籍・小説を読みましたが、どれもいまいちピンときませんでした。


本作は、キャラクターを使ったストーリーにしてあることで、これらの疑問の背景から詳しい経緯、その後の影響までが身近に感じることができます。
特にイエスがどのような考え・悩みを重ねて、ああいった思想を形成していったか、が辿れたことは、個人的に大きい収穫でした。
レベル低い話でいうと、似た感じの名前の登場人物を区別することができただけでも重要なことかと思います。



あらすじは不要なので登場人物紹介。
めっちゃズレてますが、本編はちゃんとしてます。すみません…

       ____       
     /⌒  ⌒\     
   /( ●)  (●) \     
  /   ⌒(__人__)⌒  \ 
 |      |r┬-|     |  
  \       `ー'´     /   
  ノ            \  

主人公、ナザレのイエス(やる夫)。語尾は「~だお」


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
 |     (__人__)  
 |     ` ⌒ノ   
  ヽ       }   
  ヽ     ノ        
   /    く           
イエスの弟、ヤコブ(やらない夫)。口癖は「常識的に考えて」。


         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、     
        / /" `ヽ ヽ  \    にょろ~!
     //, '/     ヽハ  、 ヽ   
     〃 {_{\    /リ| l │ i|  
     レ!小l●    ● 从 |、i|   
      ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│  
  /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !  
  \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│  
.    /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |   
   `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |   
イエスの弟子、シモン・ペテロ(ちゅるやさん)。


.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ  
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',  
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l  私がバプテスマをほどこすヨハネ、
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |  洗礼者ヨハネよ
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |  
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l  
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l 
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!  
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃  
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/   
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ     
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
洗礼者ヨハネ(涼宮ハルヒ)


       /                  ヽ
      /     ,     , '          ヽ
     / / / /  /  ,  /        ヽ     !
    〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !  あなたは本当に
    │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |  そう信じているのですか?
     ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l
     レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !
       ヽ |.-ヽ!'l  ,!、 ハl
        /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ
      ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´
      { /ニヽ ヽへ          ィ ハl
       ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、
       _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ
      __/ |    /、‐'/ /   , '      \
     /    ─ '  } /へ、 /         \   
ユダ・イスカリオテ(長門有希)。


――::::、::::::::::'::,::::::::}:::::::::,:'::::::}      
::::::::::::::/ > 、;; ;;ヘ;;;;'::::::::;ヘ:::::〈      
::::::、-'//    ,':/  `""ヾ∨:ヘ      ちーーーっす
:::r ' |::!   |::|       |::| }::ハ     
::>  」::|_   i!::!      _!」 !ハ}:|     
/   レ' ¨"≠レゝ  / リ/ j/     
    "モテエ    ,'ェァ /        
            、   {
            ヽ |
i            _ノ /          , ‐、
ヽ     ,  ____  /           __r‐<   !
 \    ` ー--- ' , '        / `ヽ \{
   ヽ       /      / ̄ \    `ヽ
     ヽ __ノ        ,ト--、        ` |
      /   `ヽ      {            |
???(谷口)



マンガっぽいと思われるかもしれませんが、ストーリー重視でオススメしてます。



聖書にはマルコ伝、マタイ伝、ルカ伝、ヨハネ伝など複数の福音書がありますが、
それぞれの記述を比較すると随所に矛盾があります。

本作は、「宗教色をできるだけとりのぞ」いて、「わかりやすく、イエスの生涯を追って」書かれています。
デフォルメや独自の解釈も混じっているので、必ずしも正しいものではありませんが、
わかりやすいストーリーにまとめた著者の功績は大きいと思います。



本作のコメント欄でも議論になっていますが、「イエスの生涯とキリスト教は別物」ということは注意が必要かと思います。
正確にイエスの生涯を追いキリスト教の”正しい”解釈をするためではなく、あくまでも“読み物”というスタンスで読むのが良いのでしょう。



また、本作は、聖書を読み終えられなかった人、これから読もうと思っている人に薦めたいです。

聖書をわかりやすく解説した本は世の中に多く出版されていますが、
実際わかりやすいものに出会えることは稀です(少なくとも私はそうでした)。

これを読んだ後、今まで何回も挫折した聖書に再チャレンジしてみたのですが、
大まかな流れが頭に入っているので、かなりスムーズに読むことができました。

副産物的には、西洋絵画、とくにキリスト教をテーマにした絵がわかるようになります。
芸術性うんぬんはともかく、取っ掛かりにはよいのではないでしょうか?

あと、『聖☆おにいさん』のネタがより楽しめるようにもなります。


普段2chを見ない方は身構えてしまうかもしれませんが(私もそうでしたが)、実際、ラストで感動してしまいました。
特に、ユダの裏切りの経緯は斬新でした。
絵を見て拒絶、でなければオススメです。




※ 当ブログは書評サイトです。“神”をブログタイトルに掲げていますが、特定の宗教について善悪・可否を論じるつもりはありません。念のため。


** 関連サイト **
ワラノート さん
やる夫ブログ さん

sing

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【メディア】 【文化/芸術】 【時代小説】 【神様】
メディア | 12:49:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。