■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【web】 『断食道場体験記』
を断ったとき、人に何が起こるのか?



『断食道場体験記』
たかしぃさん著,yahoo!ブログ,2009年5月
http://blogs.yahoo.co.jp/bestpcokegawa/1608876.html(2009年9月現在)
★★★★



イスラム教徒はラマダーンの月に断食をしますが、この月は毎年変わるそうです。
今年は8月20日~9月20日だそうで、断食も残すところあと5日ですね。

それに関連して、以前yahoo!の「みんなのアンテナ」で紹介されていたブログを紹介します。
断食道場にて断食を体験した著書の体験記なのですが、その断食の期間がなんと30日間!
ラマダーンでも夜は食べられますが、著者はホントになんも食べてません。
いやいや死ぬでしょ! ていうのが常識なのですが、そうでもないようで…
ともかくとても面白いブログだったので、こちらでも紹介させていただきたいと思います。


========


◎30日間の概要

具体的な内容はブログを見ていただくにしても、ここでもちょろりと内容を紹介したいと思います。

著者は昭和60年に、奈良県信貴山の『宗教法人大宇宙教 信貴山断食道場』にて30日間の断食を体験します。ブログはそのときの内容を回想したもの。
まずはこのビッグバン級に胡散臭い団体名を目にして足を止めなかった著者に拍手。
著者も相当ビビッたようですが、著者には断食にかける確固たる信念があったのです。
ちなみに断食中に御巣鷹山の墜落事件が起きているのも、時代を感じさせました。

著者は徐々に食事を減らしながら3日目以降には完全な断食に入ります
そして道場で様々な人々に会いながら、人生を見つめなおしていくのです。
26日目にようやく復帰食が始まり、それから30日の断食を終えたとき、著者は20Kgの体重を失った代わりに、大きなものを得たのでした。

詳しくはブログを見てね。
断食道場体験記・目次
断食1日目



◎断食なにソレおいしいの?

まず感想をいうと、『極限状態』と呼ばれる状態が、想像していたものとはちょっと違った、と思いました。
僕はただひたすらに空腹に耐えるものだと思ったのですが、そうではないみたい。
断食というのはちゃんと意味のあることなのですね。

内臓の働きを停止させることで休ませ、体内の悪性物もエネルギーとして使われてしまうので無くなり、宿便を排出することで内臓もリセットされます。
断食というと荒行のような、相当ドMの人ある種変態行為かとも思ったのですが、ちゃんと意味があってやられていたのですね!
やはり長く続けられていることには、相応の「効果」があるようです。

ってなんか書いてて騙されそうになったけど、やっぱ荒行は荒行ですよね。。。



◎『極限状態』で見えるもの

さて、ここではブログ中に出てくる「滝」についてちょっと考えたいと思います。

禁忌とされた「滝」に近づき何ものかに憑かれた著者。それを払う教団の人。軽くなる身体。

オイオイオイオイ~!
とか最初思ったけど、でもちょっと待って。

実は僕たちも、普段知らず霊とかに憑かれていることがあるのではないでしょうか。
でも人は「なんか調子悪いなあ」くらいにしか思わず、いつか霊も消え去ります。
しかし著者は断食のために感覚が研ぎ澄まされていたため、霊的なものを強く感じることができたのでは。

ということは逆に、霊の効果というのもその程度のものかもしれません。
しかしその程度であっても、確かに存在はしているのでは。そしてこれは決して軽視できるものでもなくて、例えばピンチのときに紙一重で救ってくれたり、あるいはふとしたミスなのに背中を押されて、一気に奈落にはまったり。
僕らが気付かないところでそういうきっかけにもなっているのでは・・・

という妄想をしてみましたよ。



◎さあ君も断食だ!

そんなオカルティーな話は別にしても、精神状態の変化には注目です。
断食道場のお仲間の話も興味深く、座禅によるスピリチュアルな効果も本当にあるのでは……と思いました。
一方で著者はしっかり冷静のままでいて、ブログを読む限りでは信頼できます。
いつか自分も実際に体験して、その真偽を確かめたいところですねー。
何百年にも渡って座禅がされてきたことを考えると、やっぱりやってみなけりゃわからない「何か」ってのは絶対あると思うんですよ。
断食の極限状態でその「何か」により迫れるならば、やってみる価値はあると思うわけです。


体調を整える効果も楽しみですね。
道場も結局なんだかんだで信頼できそうですし。
でも体重が少ない人にはきついのかなあ。脂肪が予備燃料の役割を果たすわけですが、これないと死ぬんじゃないかと。断食は断食だからね。

ところで著者がその後もう一度この道場を訪れているところにも注目。
ちょっとしたダイエットのノリになっちゃってるよ!
ネットをフラフラしてみたら、意外と断食道場って多いみたいですね。7日間コースとか。意外に断食ってメジャーなのかな。


最後に、著者の他の記事も読んで、著者のバイタリティに驚きました。
断食を経て著者はひとつの選択をするわけですが、僕も人生の選択をするとき、このときの著者のような精神状態になりたいと思いました。


** 関連サイト **
『断食道場体験記』
信貴山断食道場HP
Otoya


テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ Otoya 【メディア】 【エッセイ】
メディア | 00:34:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。