■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【思考法】 『思考の整理学』(1/3)
というわけで新年一発目はこちら。まず考え方から心機一転しましょう!


『思考の整理学』

   外山滋比古

   筑摩書房

   1986年4月

   ★★★★★





<目次>
 1 グライダー 不幸な逆説 朝飯前
 2 醗酵・寝させる カクテル エディターシップ 触媒 アナロジー セレンディピティ
 3 情報の“メタ”化 スクラップ カード・ノート つんどく法 手帖とノート メタ・ノート
 4 整理 忘却のさまざま 時の試練・すてる とにかく書いてみる テーマと題名 ホメテヤラネバ
 5 しゃべる 談笑の間 垣根を越えて 三上・三中 知恵 ことわざの世界
 6 第一次的現実 既知・未知 拡散と収斂 コンピューター



先日“「リラックスしてアイディアを得る方法」を誰かまとめてもらえまいか”というボヤキを書いてしまいましたが、本書がバッチリまとめてくれていました。(しかも20年以上前に!)
『感動する脳』アップ後に読んだのですが、まったくの偶然だったので本当に驚きました。まぁ、ここ最近の個人的関心が“アイデア”に向いているので偶然とも言えないかもしれませんが。



◇思考には時間が必要

以前のほんの少し紹介した『アイデアマラソン』の考え方と同じですね。
私は数年前に六本木でレオナルド・ダ・ヴィンチのノートを見たことがあるのですが、偉大な先人はメモをとることの重要性、もとい必然性に気付いていたのでしょう。“した事”の記録だけではなく“考えた事”の記録というところに価値が生まれるわけですね。

さらに、アイデアをしばらく寝かせておく必要があると著者は言います。忘れるくらい寝かせると、見返したときにまた違った視点で考えられるわけです。
ちゃんと見返さないと意味ないですがね……ふっ(遠い目)。



◇メッタメタにしてやんよ

思い付きはメタ化させる必要があります。  メタとは?
つまり、具体的なものをイメージして考えていたことを、同じパターンの別の具体例にも応用できる“アイデア”に昇華させることです。さらに抽象化するとメタ・メタ化。異なるパターンについても通用する考え方です。
思考レベルを一段階ずつ上げていくと、いろいろな場面で応用できる、普遍的な考えに近づいていきます。
アイデアは普遍的であればあるほど強力なものなので、できる限り昇華させ、そして再び具体化することで価値のあるものになっていくわけです。

著者の思考は発散と収束のバランス感覚が絶妙なことに感心しながら本書を読んでいたのですが、自分でもメタの考え方を意識してみると、著者の“思考のバランス感覚”は地道な努力の積み重ねでしか得られないものだということがわかりました。経験がモノを言いますね。



◇思考は実践してこそ価値がある

前半は思考プロセスの分析を解説していたのに対し、後半は著者の実践している発想法が紹介されています。
著者の個人的な事情も考慮されているので(それはそれで赤裸々で面白いんですが)、発想法そのものは個人個人で向き不向きあると思います。性格とか職業とか生活リズムとか。具体的な行動を起こすまでのプロセスを参考にする、程度のスタンスで読むべき章ですね。

24年前の出版で、東大・京大で最も読まれている本というだけあり、“考えること”を総括した一つの結論を明快に示しています。
私自身、大学のころから思考法を意識してきたつもりですが、本書は考察の鋭さ、表現のわかりやすさ、ともに目から鱗でした。とにかくなるべく早いうちに読むことをお勧めします。



** 著者紹介 **
外山滋比古(とやま しげひこ)
1923年生まれ。東京文理科大学英文科卒業。お茶の水女子大学名誉教授。専攻の英文学に始まり、テクスト、レトリック、エディターシップ、思考、日本語論の分野で、独創的な仕事を続けている。『思考の整理学』『ちょっとした勉強のコツ』『ことわざの論理』『「読み」の整理学』『知的創造のヒント』などたくさんの著書がある。
(筑摩書房HPより引用)

** この作品を紹介しているサイトさん **
・「無辺光 -ムヘンコウ-」さん
・「コロポットン君の本を噛むブログ」さん
・「ビジネス書で「知」のトレーニングを! ~ 知磨き倶楽部」さん
・「marginalia」さん
・「during Job and Life」さん
・「broad and depthless」さん
・「momの本棚|書評ブログ」さん

** 『思考法』に関する関連レビュー **
『地頭力を鍛える』
『思考の整理学』(2) (3)

sing

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【一般書】 【思考法】 外山滋比古 思考の整理学 ★★★★★
思考法 | 10:01:02 | トラックバック(1) | コメント(2)
コメント
記事の紹介、ありがとうございます。
Singさん

トラックバックと記事の紹介、ありがとうございました。
情報をメッタメタにしてから具現化をすることは重要です。と言いつつ、なかなか実践するには難しいですね。(^_^;
私はついつい怠けてしまいますが、実践されているようで頭が下がります。

早速、トラックバックを承認させて頂きました。
これからも、よろしくお願いします。
2010-01-04 月 14:11:04 | URL | コロポットン [編集]
Re: 記事の紹介、ありがとうございます。
>コロポットンさん

コメント&TB承認ありがとうございます

情報をメッタメタにしてやりたいものです。実は私も結構怠けてしまっていますのでw
3日坊主でも再開してみようと思います。

「思考のインブリーディングを避ける」というのはとても参考になりました。異種の考え方に触れて、"思考の多様性"を身に付けたいですね。

今後ともよろしくお願いします!
2010-01-04 月 16:25:17 | URL | sing [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【雑記】情報を自分に活かすか、考えてみた。
以前に書いた「【記録から実践まで】大事なことはすべて記録しなさい」で情報を活かすことが、情報をインプットするよりも重要だと再認識しました。 そこに、ちょうどタイミングよく「神様はその辺をウロウロしていません 【思考法】 『思考の整理学』」よりトラック
2010-01-10 Sun 22:08:27 | コロポットン君の本を噛むブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。