■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【経済産業】 『中国における技術標準化と特許』
WTO加盟により、もはや独自の産業障壁で国を護ることは許されない。
しかしその懐には、13億からなる巨大な市場が控えていた。



『中国における技術標準化と特許』
遠藤誠著,日本機械輸出組合,2008年5月
★★★★

中国における技術標準化と特許 <目次>
 1.はじめに ~「標準」・「標準化」とは~
 2.標準化に関する中国の法律制度の調査分析
 3.中国標準の発展状況
 4.中国の国際標準化活動への参加
 5.技術標準、特許、独占禁止の相互関係
 6.WTO/TBT協定と中国の標準技術
 7.おわりに ~中国における技術標準化と特許に対する
            日本企業の対応はどうあるべきか~









EVDやWAPIなど、少し前までは無謀な独自規格の目だった中国ですが、いよいよ国際標準化に戦略的に乗り出してきました。何しろ中国はスケールメリットがありますから、数が1つの影響力となる標準化の世界では、国際市場に与える影響は大きいです。

ということで、前回の『中国の科学技術力について』に続き、今回は中国の標準活動についての本をご紹介。こちらも2008年5月と、割と新しい本ですよ。
(標準化ってなんだ? と言う方はこちらをどうぞ)


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【標準化】 【知的財産】
経済産業 | 23:55:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】 『中国の科学技術力について』
眠れるはいつ目を覚ますのか?



『中国の科学技術力について』
中国科学技術力研究会,独立行政法人科学技術振興機構,2008年9月
★★★★

<目次>
1.エグゼクティブ・サマリー
2.科学技術のリソース
3.科学技術のアウトプット
4.科学技術力のベンチマーク




10月1日~8日は中国の国慶節にあたりますね。
中華人民共和国の建国記念日のようなもので、春節(旧暦の正月)に並んで盛大に祝われます。

中国は2001年にWTOに加盟し、順調に経済発展を遂げています。
そして中国科学院は2006年に「国家中長期科学技術発展計画綱要」を打ち出し、戦略的に中国の科学技術力の向上を目指しています。

今回はそんな中国の科学技術力を詳細にレポートした1冊をご紹介。2008年9月と古くも無いです。ただ、いま検索してみたんですが、どうやらもう発行していない様子。
読みたい方は直接科学技術振興機構に問い合わせてみてください。

首相を含め、政府閣僚のほとんどが超有名理系大学出身という中国。
その技術力やいかに?


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】
経済産業 | 23:23:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
【How To】 『財務3表一体理解法』
続々と各社の決算が発表されています。
yahoo!ファイナンス
全体的に、少なくとも今期・来期は厳しい状況にあるようですね。
テキトーすぎますか?


今回は、簿記の知識が無くても財務3表が読めるようになる、会計の入門書を紹介。

『財務3表一体理解法』 決算書がスラスラわかる
『財務3表一体理解法』

國貞克則

2007年5月
朝日新書

amazon

★★★★




続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ sing 【一般書】 【HowTo】 【経済産業】 國貞克則
経済産業 | 16:42:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『世界市場を制覇する国際標準化戦略』
火事になったらいち早く消化しなければなりません。
でも本当は、地味だけど防火の方が大切です。
じゃあそれよりももっといい方法は?
それは、先に相手の家にをつけることです。



『世界市場を制覇する国際標準化戦略』
原田節雄著,東京電機大学出版局,2008年9月
★★★★

世界市場を制覇する国際標準化戦略―二十一世紀のビジネススタンダード世界市場を制覇する国際標準化戦略―二十一世紀のビジネススタンダード
(2008/10)
原田 節雄

商品詳細を見る

<目次>
1.標準の持つ様々な二面性
2.人と組織の多面性
3.標準をめぐる時代の変化
4.出遅れる日本企業
5.アジア市場の特殊性
6.標準化組織の特徴


7.企業外組織の構造と活用
8.標準にまつわる知財権と法律
9.企業内組織の構築と活用
10.標準化委員会の知識と作業
11.国際標準化競争の事例検証
12.これからの海外進出ビジネス


ということで、よくわかる標準化シリーズ最終弾です。
標準化戦略ってなんだ? という方はこちらをどうぞ。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【標準化】 【政治/社会】 原田節夫
経済産業 | 23:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『特許と技術標準』
爆弾を解除しろ!

ということで、よくわかる標準化シリーズ第3弾です。
標準化戦略ってなんだ? という方はこちらへどうぞ。
特許ってなんだ? という方はこちらへどうぞ。



『特許と技術標準』
藤野仁三,八朔社,1998年4月
★★★★

特許と技術標準産業財産権標準テキスト 特許編
(2004/06)
発明協会特許庁

商品詳細を見る

<目次>
1.問題の所在と背景
2.交錯の事例
3.技術標準と標準化機関
4.特許法の視点
5.独占禁止法の視点
6.審判決例の検討
7.排他性制限の理論


続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【知的財産】 【標準化】 藤野仁三
経済産業 | 18:15:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『コンセンサス標準戦略』
「私はパソコンのCPUを作る部品会社です。もっと売るにはどうたらいいでしょうか」

CPU以外の部分の値段を半額にして、でもあなたの作るCPUの価格はそのまま維持しましょう。
パソコン全体の値段が下がるので、たくさん売れるようになります。他の部分を作っている会社は儲かりませんが、あなただけは儲かります。


「新しい記録装置を考えました。たくさん売るにはどうしたらいいでしょうか」

パソコン、デジカメ、プリンタといったあらゆる装置について、あなたの記録装置以外は使えないようにしましょう。新しい記憶装置を作れるのはあなただけなので、飛ぶように売れるはずです。


そんなことが大真面目で可能になる、標準化戦略。
というわけで、よくわかる標準化シリーズ第2弾!(標準化ってなんだ? という方はこちら



『コンセンサス標準戦略』
新宅純二郎・江藤学編著,日本経済新聞出版社,2008年7月
★★★★★

コンセンサス標準戦略―事業活用のすべてコンセンサス標準戦略―事業活用のすべて
(2008/07)
新宅 純二郎江藤 学

商品詳細を見る

<目次>
1.コンセンサス標準とは
2.コンセンサス標準をめぐる競争戦略
3.コンセンサス標準を活用したビジネスモデル
4.試験・検査方法標準の戦略的活用
5.国際標準化における競争と協調の戦略
6.コンセンサス標準における知的財産の役割
7.コンセンサス形成の組織化
8.コンセンサス標準活用戦略のポイント




今回紹介するのは、標準化を利用した事業戦略の本です。
つーか事業戦略ってこんなに面白いのかよ! と目からウロコだったので五ツ星の評価です。
もちろん標準化の解説もしっかりなされていますので、標準化にそんなに詳しくない方でも楽しめます。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【知的財産】 【標準化】 新宅純二郎 江藤学 ★★★★★
経済産業 | 17:42:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『標準化戦争への理論武装』
「今日からコンセントの電圧は230Vになりましたんで」
「ええー」



一番ビックリなのは電機メーカーでしょうか。製品を全とっかえしなきゃです。
それとも電力会社でしょうか。日本のインフラを全て作り変えなきゃなりません。
そんな理不尽がいつ起こるとも分からない、それが標準化戦争です。
ということで、よくわかる標準化シリーズ第1弾!
(「標準化ってなんだ?」という人はこちら


『標準化戦争への理論武装』
山田肇著,税務経理協会,2007年10月
★★★★

標準化戦争への理論武装標準化戦争への理論武装
(2007/10)
山田 肇

商品詳細を見る

<目次>
第一部 標準とは何か
第二部 公的標準、フォーラム、デファクトを識る
第三部 標準化と経営の密接な関係
第四部 世界は標準化とどう向き合っているのか
第五部 標準と日本の未来



まだ馴染みの無い人も多いかもしれませんが、標準化戦略がビジネスの現場で注目されています。
今回は、そんな標準化戦略の現状をわかりやすく説明した本をご紹介。

続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【標準化】 山田肇
経済産業 | 12:10:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『長谷部瞳は日経1年生!』
「わからないことはわからないと言おう!」


長谷部瞳は日経1年生!『長谷部瞳は日経1年生!』
   長谷部瞳

   ラジオNIKKEI

   日本経済新聞社

   2007年6月11日 ~ 2009年3月25日

   ★★★★




続きを読む >>

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

関連するタグ sing 【一般書】 【経済産業】 【メディア】
経済産業 | 09:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
【経済産業】『イノベーションのジレンマ』
昨今叫ばれる「イノベーション」は、中国語では「創新」と訳されます。
イノベーションは、それまでに無いものを生み出すと言うこと。
単なる改良・改善ではなくして、ブレイクスルーのあるものです。

例えばパンの小売業界。
あなたがお腹をすかしている時、突如空から販売員が現れて、あまつさえ販売員の顔(パンでできている)を提供してくれたとしたら・・・・・・
このようなサービスは明らかに従来のサービスとは一線を画しており、イノベーションであると言えるでしょう。
実現したら業界に激震が走ります。

今回はそんなイノベーションについての本を紹介。
本書で述べる「優良企業はすべてを正しく行うがゆえに失敗する」という「破壊的イノベーションの法則」は達観です。


『イノベーションのジレンマ』
クレイトン・クリステンセン(玉田俊平太監修、伊豆原弓訳),
Harvard Business School Press(SHOEISHA出版),
2001年7月
★★★★


イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)
(2001/07)
クレイトン・クリステンセン玉田 俊平太

商品詳細を見る


<目次>
1.なぜ優良企業が失敗するのか―ハードディスク業界に見るその理由
2.バリューネットワークとイノベーションへの刺激
3.掘削機業界における破壊的イノベーション
4.登れるが、降りられない
5.破壊的技術はそれを求める顧客を持つ組織に任せる
6.組織の規模を市場の規模に合わせる
7.新しい成長市場を見出す
8.組織のできること、できないことを評価する方法
9.供給される性能、市場の需要、製品のライフサイクル
10.破壊的イノベーションのマネジメント


続きを読む >>

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

関連するタグ Otoya 【一般書】 【経済産業】 【科学/技術/専門】 クリステンセン
経済産業 | 13:17:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。