■レビュージャンル
■テーマ別記事リンク
■管理人プロフィール

Otoya sing です.
地震の影響はありませんでした.
通常運営してまいります.

■最新記事
■カウンタ


当サイトではきれいなお姉さんを
全面的に支持します

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR


ラ・フォル・ジュルネ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連するタグ
スポンサー広告 | --:--:--
【文学】 『停電の夜に』
すっかり夫婦仲の冷え切ったインド系夫婦の家に、1通の通知が届く。

「3月19日から5日間、夜8時から1時間の停電となります」

外に出歩くわけにも行かないので、自然と2人はそろってキッチンで夕食をとることになる。
ロウソクの灯では互いの表情はわからない。そんな中、妻のショーバが提案をした。

「インドでは停電があると、おばあちゃんがみんなにおもしろい話を言わせるの。私たちは停電の間、これまでお互いに言えなかったことを打ち明けることにしない?」



停電の夜に (新潮文庫) 『停電の夜に』

 ジュンパ=ラヒリ著,新潮文庫,2003年2月
 ★★★

 <目次>
 ・停電の夜に
 ・ピルザダさんが食事に来たころ
 ・病気の通訳
 ・本物の門番
 ・セクシー
 ・セン夫人の家
 ・神の恵みの家
 ・ビビ・ハルダーの治療
 ・三度目で最後の大陸




本作はインド系イギリス人による短編集で、これによりオー・ヘンリー賞やピュリッツァー賞(ノンフィクション部門)など多くの賞を受賞しています。
かなり昔に読んだ本だったのですが、今回の計画停電を受けて読み直してみました。時間が経って改めて読んでみると、また違った感じ方ができておもしろかったです。



続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【文芸書】 【文学】
文学 | 18:06:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】 僕たちにできることは働いてお金を使って、考えて笑うこと
地震から1週間が経とうとしています。
追いうちをかけるように寒い日が続いて、被災地が本当に心配です。
原発に報道が集中していますが、東北の各被災地の様子や、注目されていないけれど新潟や静岡、千葉の人たちにも早く救援が行き届いて欲しいと思います。

当サイトも被災を免れ、自粛することなくこれからも更新を続けていきたいと思います。
地震の被害を受けなかった僕たちにできることはとてもとても限られていますが、数少ないできることのひとつが「いつも通りに生活すること」だと思います。そしてできることなら、「いつも以上に生活すること」をしたいです。

今回の歴史的な震災で、日本経済は大きなダメージを受けるでしょう。
外貨が出て行くかもしれません。税金も上げざるを得ないかもしれません。サプライチェーンが回らず雇用に不安が起きるかもしれません。
今回の震災で被災したよりも遥かに多くの人が、今後経済的な不安を理由に不幸になるのではないか。そんな予測も聞こえます。



続きを読む >>

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

関連するタグ Otoya 【Otoya】
Otoya | 01:52:59 | トラックバック(0) | コメント(1)
【技術】 『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』
『ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人』
『ソフトウェア開発で伸びる人,伸びない人』


   荒井玲子

   2006年

   技術評論社

   ★★★★










<目次>
第一部 ソフトウェア開発で伸びる人、伸びない人
1. よくある疑問
2. ソフトウェア開発で伸びない人
3. ソフトウェア開発で伸びる人
4. これからのソフトウェア技術者
第二部 ソフトウェア開発で幸せになれる人、なれない人
5. ソフトウェア開発で幸せになれない人
6. ソフトウェア開発で幸せになれる人
7. 技術者としての幸せとは




続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ sing 【一般書】 【科学/技術/専門】 新井玲子
科学/技術/専門 | 23:19:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
【社会】 『100年予測』(2/2)
100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図 『100年予測』
 ジョージ=フリードマン著,2009年10月
 ★★★★★

 <目次>
 序.アメリカの時代とは何か
 1.アメリカの時代の幕開け
 2.地震 -アメリカの対テロ戦争
 3.人口、コンピュータ、そして文化戦争
 4.新しい断層戦
 5.2020年の中国 -張り子の虎
 6.2020年のロシア -再戦
 7.アメリカの力と2030年の危機
 8.新世界の勃興
 9.2040年代 -戦争への序曲
 10.戦争準備
 11.世界戦争 -あるシナリオ
 12.2060年代 -黄金の10年間
 13.2080年 -世界の中心を目指す戦い




今後100年を占う1冊。
前回は、本書が地政学的手法と「20年先はわからない」という点を基本として未来予測している点を紹介しました。
今回は本書の中でも特に気になったシナリオ、中国、日本、トルコ、メキシコの未来予想図についてコメントしたいと思います。




続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【未来学】 100年予測 ★★★★★
社会/政治 | 15:03:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
【社会】 『100年予測』(1/2)
100年後の世界情勢はどうなっているのか?

これってどの時代も言われてきたテーマだと思うんですが、僕はこうした未来予測に興味があって、1冊読んでみました。地政学の手法を用いて、まずは1900年からのこの100年の経緯を分析し、2010年以降について10年刻みで予想しています。
中国ロシアの崩壊、日本トルコポーランドの勃興、世界戦争は起きるが大規模なものにはならないというシナリオ、そしてアメリカから唯一覇権を奪えるとしたらメキシコではないかという予想、などなど非常に刺激的な内容でした。

ちなみに本書はクーリエ・ジャポンという雑誌が選んだ「30歳までに読んでおきたい世界の名著100冊」でも紹介されていました。


100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図 『100年予測』
 ジョージ=フリードマン著,2009年10月
 ★★★★★

 <目次>
 序.アメリカの時代とは何か
 1.アメリカの時代の幕開け
 2.地震 -アメリカの対テロ戦争
 3.人口、コンピュータ、そして文化戦争
 4.新しい断層戦
 5.2020年の中国 -張り子の虎
 6.2020年のロシア -再戦
 7.アメリカの力と2030年の危機
 8.新世界の勃興
 9.2040年代 -戦争への序曲
 10.戦争準備
 11.世界戦争 -あるシナリオ
 12.2060年代 -黄金の10年間
 13.2080年 -世界の中心を目指す戦い





続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ Otoya 【一般書】 【社会/政治】 【未来学】 100年予測 ★★★★★
社会/政治 | 00:22:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
【SF】 『一九八四年(新訳版)』
彼は今、<ビッグ・ブラザー>を愛していた


『風の歌を聴け』
『一九八四年(新訳版)』

   ジョージ・オーウェル

   1949年  (新訳版2009年)

   ハヤカワepi文庫

   ★★★★










続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ 【文芸書】 【小説】 【SF】 ジョージ・オーウェル
SF | 06:41:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
【コラム】 アイディアよりもむしろ「実装力」が今後のカギか
こんにちはOtoyaです。
今回は書評ではなく思ったことを書こうかと思います。

今回考えたのは「実装力」の重要性。
成果を上げるためには「着想」と「実現」の2段階のプロセスが必要になりますね。ここで例えばウォークマンやiPodなんかを考えると、高い技術力もさることながら、「音楽を持ち出せるようにしたこと」「自分の持つ全ての音楽にアクセスできるようにしたこと」といった、人のライフスタイルを変えたコンセプト(着想)が評価のポイントになっていると思います。
だけどアイディアも大切だけど、それ以上に重要になるのが「実装力」になるのでは。


========


続きを読む >>

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

関連するタグ Otoya 【Otoya】
Otoya | 00:34:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
【思考法】 『佐藤可士和の超整理術』
「仕事とは、整理することである」


『佐藤可士和の超整理術』
佐藤可士和の超整理術』

   佐藤可士和

   2007年

   日本経済新聞出版社

   ★★★★









続きを読む >>

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

関連するタグ sing 【一般書】 【思考法】 佐藤可士和
思考法 | 00:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。